iPodが生産中止?〜iPhoneで良いのか悪いのか

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク


iPodが生産中止。

まぁiPhoneがiPod代わりってことなんだろうね。

元記事
存在意義失った「iPod」――クックCEOが終焉示唆

そうなると荷物がひとつ減る。
そしてバッテリーも減る。

利点より欠点の方が大きい感じがするけど
どうなのかってのが今回の記事ですよ。

 

バッテリーの面から考える

iPodのバッテリーの持ちと
iPhoneのバッテリーの持ちのレベル差を考えると。
iPhoneで気軽に曲を聞く気は失せるなぁ。

確かに
iPhoneで曲聞いてもそれほどバッテリーをくうわけではないし、
別途バッテリーを用意するのが普通だから
それほど気にすることではないかもしれないけど、
バッテリーのヘタリが激しくなること間違いないだろうし。

そもそも
一日2回の充電とかどうなのよ・・・。

バッテリーだけ考えると、
あんまり良いことはないよなぁ。

 

荷物の点から考える

荷物が減るといっても・・・

クリップ型のiPod(↓第6世代iPod)

であれば荷物という程でもない。

でも
このサイズだと落としてもいまいち気がつかないのよね。

現iPod(↓第7世代)

昨日落としたけど、言われるまで気付かなかったしねぇ。

 

容量の面から考える

iPhoneの容量をお安く増量して欲しいかなぁ。

もともとクラシックを使ってた身には、
16Gとか辛いだけ。

iPhoneにするなら、
そろそろ128Gとかにも展開していきたいなわけなので、
それで儲けようとしないで欲しいなぁ。

もしくは、
iCloudの基本容量をアップしてもらって、
なんでもかんでも詰め込めるようにして欲しいなぁ。

SDカードもなし。
容量増やすのも高い。

これはほんとご勘弁くださいってわけですわ。

とは言っても、
iPhoneで次の容量にするのは10,000円
iPod nanoは16Gで15,000円

まぁそう考えると、
iPhoneで容量アップしておいた方がお得かも?

iPhoneを2年に1回交換するとすれば、
iPodも2年に1回交換するという方向でないと
あまりお得感はないかも。

新iPodが出たら死んじゃう病の人は、
iPhone容量アップ病にとりつかれた方がいいかもですな。

 

結論

ちゅーことで、優位性をみていくと

バッテリー iPod
荷物 減るという視点でiPhone
   荷物にならないという視点でiPod
容量 単純に増やせて安いという意味合いでiPhone

うーん難しいですな。

ということでドロー!

まぁなすがままにってことでw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク