CarPlayで車の未来は感じられたけど、カーナビの未来は感じられなくなった。

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

hero


AppleがiPhoneというかiOSの車載システム
「CarPlay」発表

名のあるメーカーで搭載される車種が発表されるとか。

国産で見ると、
ホンダ、トヨタ、ニッサン、ミツビシ、スズキ、スバル
外国で見ると、
フェラーリ、ジャガー、メルセデス・ベンツ、ボルボ、
BMW、フォード、プジョーなどなど。

ヒュンダイも採用するのがちょっと意外かな?

 
 
さておき、
車への搭載は、
iPhoneを取り付けるわけではなく、
iPhoneを繋ぐような感じですな。

多分
iPadでもiPod touchでもiOSなら行けるんでしょう。

使える機能としては、
マップからナビ、メッセージや電話、Musicと
ここまでは目新しい機能はなし。

しかーし、
Siri姐さんがいろいろとやってくれるので、
これは「未来Car」への道になるんじゃないかと。

未来Carといえば、何を思い出すかな。
パッと思い出してしまったのは「フィフス・エレメント」

ブルース・ウィリスが運転してたタクシーが
そんな感じだったような。

そう考えると未来に近づいたのかなぁって。
逆に考えると、車自体って進化しねーなとも。。。

そろそろ車も飛んでもいいんじゃないの?

 
 
さておき、
ナビがiPhoneでできちゃうんであれば、
カーナビはいらなくなるんだろうかね。

iPhoneに限る必要はないわけだから、
Androidも対応させてしまえば、
カーナビはいらなくなるかな?

実際のところ、
メルセデス・ベンツはAndroidにも対応するとか言ってるので、
カーナビの時代も終焉を告げつつあるのかなと。

基本スマホを使ってる人であれば、
無駄な出費はいらなくなるということにもつながるかしら。

そう考えるとほんとにスマホの時代だねぇ。
まじで、ガラケー使ってる場合じゃなくなるかも。

ともあれ、
あれだけ栄華を誇ったカーナビ様も
ついにその座を追いやられる時がきた
そういうことなんですな。

 
 
さておき、
iPhoneって「基本的には」テレビは見れないんじゃない。
ってことは、車の中ではテレビ見れないんだね。

同乗者って音楽聞くより、映像の方がよくなくない?

だって、
iPhoneは容量少なすぎるので、
曲のラインナップがマンネリ化するし。

コンサート気分で、ずっと熱唱してても疲れるしね。
最終的に運転してる人に怒られるし。

とは言え、
テレビを見るためだけにカーナビなんていらないので、
持ち運び可能な防水テレビとか車に積んどきゃいいか。

結局
カーナビ様とは永久にさようならなんですね。

 
 
Appleが久々にソフト面で見せてくれた未来への道。

カーナビも出た当初とか、3D表示になったりとか
それなりに未来を感じられたと思うけど、

音声ですべてを済ますことが可能になれば、
それはやっぱり「昔から思い描かれてきた未来」でしょ。

こういう未来への流れは歓迎いたします。
どんどん未来たる未来へ突き進んでいただきたい。

 
でも次は、
横になって寝てたら目的地に到着する車が発売されたら起こしてね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク