PS4の値下げと消費税での値上がり

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

PS4をいつ買うか。

悩むよね。

消費税が3%上がるから、
3月中に買っちゃおうかしら。

なんて思ったりしたけど
すぐに値下げモデルチェンジバージョンが出てしまうのかしら
と考えると今は全然買いどきじゃないような・・・。

 
消費税が3%上がるとなると
本体を40000円と考えて、
値上がり分は1200円ぐらいなもんというわけですな。

となると
38800円以下になると、
消費税分は飲み込んじゃうわけであります。

 
さらに考えなければならないのが、
2015年の10月に消費税が10%になるタイミング。

ここになると今現在と比較した場合の値上がり分は
2000円ぐらいになるというわけですな。

そうなると、
38000円以下になれば、
完全に飲み込んでくれちゃうわけですなぁ。

 
さてはて、
PS3の価格推移を思い出してみると、

発売開始時はHDDの容量の違いで、
50000円と60000円程度で販売。

その1年後それぞれ5000円引きになって登場。

最終的に30000円にまでなった感じですわな。

今は安いところでは、2万7000円ぐらいで売ってたりと。

 
1年で5000円下がった実績があるので、
そんぐらいは待ってもいいのかな、なんて思ったり。

 
個人的に、「今やらなきゃ死んじゃうゲーム」は無いし、
パワプロ2012で1年ぐらい保たせることはできそうだし、
ゆっくりと値下げの一報を待つとしましょうかね。

 
1年後に値下がりしなかったら?

2年待てばいいじゃない!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク