交通事故ゲットだぜ!被害者になって思うこと。

この記事は2分で読めます

l_004

久々に交通事故に合いました。

 
あっしが乗ってる自転車に、
どーん!
と車がぶつかってきましたわ〜。

 
でまぁ、
ぶつかった瞬間のことは記憶喪失に。

 
自転車ぐんにゃり、あっしは無傷。

奇跡なのか。
奇跡なら事故にあわない方を選んで欲しかったけどねぇ。

 
記憶にあるだけで、
かれこれ4回目となる、車との接触。
基本は、全部無傷(多分)なの。

 
なんなのか?


 
4回事故にあって、そのうち2回は、
実は、「ひき逃げ」というオプション付き。。

でも、子供なんてやつは、
「車に轢かれた!」なんて親に言ったら、
怒られると思って、黙っているもんですよ。ええ。

 
その子供の頃の1回は、
めちゃくちゃ吹っ飛んだらしい。

 
空飛んでたよ(見ていた友人談)

 
今思い出しても、いい言葉です。

 
ひき逃げしたおっちゃんんは、言っちゃダメだよ!
って言って逃げていった。

 
おっちゃん、俺、約束守ったよ!
ほんとアホすぎる。。。

 
でもまぁ、ひき逃げだからねぇ、
おっちゃん生きた心地しなかったんじゃないかな。


 
さておき、
保険屋さんと話をした結果、
過失割合は9対1との結論。

ほう。
さすが保険屋、意地でも10対0にはしないということか。

 
そのことはずっと忘れないよ?

絶対、お前んとこの保険になんか入らないからね!
周りにも言っておくからね!

 
そう!ここを考えたいんだよね。


 
保険屋って出し渋りがひどいところがある。

これを当事者は目の当たりにしてるんだから、
まわり回って、保険会社的には損だと思はないのかな?

 
つまり、言いたいのは、

1 扱いが悪いと、当事者はその保険会社を敬遠する。

2 周りにも保険会社の悪口を言う。

3 人間悪口は信じるもんだから、それに感化されてしまって、
  その保険会社を敬遠する。

4 2に戻る

てな具合になるんじゃね?ってこと。

 
今の時代、保険はすごく重宝されているし、
まぁ入っておいた方がいいと思う保険もあるとは思う。

テレビでいくら良い顔していても、
現実に不義理なことを平然とやってのけるなら、
不信感が増大していって、客いなくなるんじゃね?
ってこと。

 
別にいーのか。
今いるお偉いさんが、いなくなるまでは、存在してるだろうし、
未来の問題は後回しが基本だしね。

 
保険会社が潰れても、潰れなくても損するのは、
当事者側ってことだしね〜。


 
最後に、 
事故の被害者になって思ったこと。

 
なんか、いたたまれない・・・。
 
 
まぁ大したことなかったし、
誠意を持って接してもらえたから、
そう感じたんだろうけどね。

色々と早く終わって欲しかった。

 
とどのつまり、
安全運転というか安全確認は大事だってこと
保険屋は信用しないってこと

これを学んだ、そんな日でした。
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。