EI Captianにしたらエックスサーバーとシックスコアのメール設定がダメになったはなし

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

ついに、
我が家もOSX10.11のEI Captianにしますた。

 
MacBookAirのみですが。

 
レビュー見てて、
メールが飛んだーとか見てると
めんどくさいことになったらやだなー
と思って敬遠していたものの、

使いたい機能があったので、
思い切ってバージョンアップしますたー。

 
バージョンアップは上手く行ったけど、
やっぱりメールがやられてましたよ!

 
どのぐらいやられたのかかというと、

 
登録していた

  • Gmail全部死亡
  • エックスサーバー全部死亡
  • シックスコア全部死亡


って、綺麗に全部死んでたよ!

スクリーンショット 2015-12-07 11.27.36

とりあえず復旧はしたので、
今後のために、やったことを書いていきます。


1 メールボックスを書き出しておかないと、
  今までのメールが飛ぶと泣くだけじゃ済まされないので、
  とりあえずメールボックスを書き出しして、安心しておく。
  
   ・メニュー→メールボックス→メールボックスの書き出し
   ・右クリック→メールボックスの書き出し

 
2 gmailは「システム環境設定」→「アカウント」を開いて、
  各アカウントをクリックすると、パスワードの入力を求められたので、
  入力したら使えるようになった。

  「アカウント設定を自動的に検出して管理」のチェックを外そう
  という説明をどこかで見たけど、うちは関係なかった。

 
3 エックスサーバー・シックスコアは、何度も設定を入れなおしてみても、
  どうにもならなかったので、アカウントを削除し、再設定してみた。

  なぜか、これで復旧。
  設定の内容はなんも変わってないし、理由がわからないよ・・・。

  エックスサーバー・シックスコアともに、サポートにおいてある説明は
  古いバージョンのMailの記載しかないけど、
  それを見ながらなんとなくで、できるでしょ。


いろいろ試行錯誤しながらだったので、
3時間ぐらいかかっちゃったよ。

 
他のサーバーで作ったメアドさんたちも死んじゃうのかな?

 
しかしこれは、
アホらしい作業だと思うよ・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク