MacBookAirのバッテリー空エラーが解決した!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

なんか知らないけど、

我が愛しのMacBook Air (13-inch, Mid 2013)さま

 
このMacをスリープさせる、復帰させる
→バッテリー切れの画面が表示される

 
さらに、
このMacを起動させる
→バッテリー切れの画面が表示される

という状態が続いていた。

 
 
さすがに、
昨晩Macを終了させるときに、バッテリー残が80%だったことが夢幻ではないだろうし、
お風呂に入るのでスリープさせるときに、バッテリー残が54%だったという記憶障害はないでしょう。

 
 
そんな夢幻論はさておき、結局Macの調子が悪いってことだから、 
「こうなったらいつもの【アレ】をやってやんぜ!」
的なノリでいつものやつを進めていくのであります。




スポンサードリンク

 
まずは、PRAM(NVRAM)クリアを喰らえ!
相変わらず押しづらいぜ

 
→ 効果なし

 
 
お次は、SMCリセットだぜ!
もう少し押しやすい方向を考えてほしいぜ

→効果なし

 
 
だったらディスク修復してやるぜ!
これで良くなった思い出はないけどな

 
→効果なし

 
 
こうなってしまうと、 
一応セーフモードから起動して、OSの再インストールとか思ったものの
めんどくさいからやめた。

 
結局のところ、
電源繋いでいれば、起動や復帰は普通にするし。
 
 
 
で、放置を続けていたわけだけれども、
OSを10.10から10.11にアップデートしたら、直るという現実。

 
しまった、OS再インストールしとけばよかった
とここで後悔。


結局のところ、バッテリーに関係するファイルが壊れていた
っていうことなのかな。

 
OSを更新したら、そこも一緒に更新され、ファイルが上書きされて、直ったみたいな。

 
 

【今日の格言】
どうしても調子がよくならないときは、めんどくさがらずに、OSの再インストールをしてみよう。

 
 
 
でも、なぜか、外出先では、バッテリー空エラーはなかったんだよなぁ。

どういうことなのさ。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク