チェッカーズと野良犬ノラワンさんとの出会い

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

先日、チェッカーズベストを聞きながら「どうやったら、このベストにあわせてかっこよく歩けるか」を試していたわけですが、歩くこと関係なしに「ワンダラーっあ〜」のところをちゃんと叫ぶのが、結局一番楽しいという結果になりました。
 
で、そんなチェッカーズとともに歩いていたわけですが、そんなことをしていたら、いや、そんなことをしていたからこそ、出会ったのかもしれない。

 
そんなおはなし。

スポンサードリンク

もう寒くはない、ある昼下がりの風がそこそこ強い水曜日。
チェッカーズが私の脳を刺激するので、リズムに合わせて歩いてみたり、ステップを踏んでみたりする。

 
そんな最中、ふと車道を挟んだ反対側の歩道に目をやると、最近ではあまり見なくなった野良犬(ノラワン)が闊歩している。

 
そのノラワンは、中型犬クラスで多分雑種。
捨てられて時間が経っているのか、冬をせいで、食べ物にあまりありつけていないのか、冬を乗り切ったために、脂肪がかなり減ってしまったのか、ガリガリな体型のご様子

 
とは言え、人を怖がることなく、あまり人の存在を気にせず、堂々と歩いている姿が、なかなかにかっこよい。

 
ノラワンは、この私、チェッカーザーと平行して歩いていたんだけれども、ここは幹線道路との交差点で赤信号になり、不安が生じる

「あいつ止まらないよな・・・」と。

 
  
予想に反せず、赤信号でも止まらないノラワン。

てくてくと、余裕の信号無視。

 
 
しかし、車は来ない。
うまい具合に幹線道路に入っていく車がないという奇跡。

 
 
「そう、そのまま横断歩道を真っすぐ行くのよ!」
と、ハラハラしつつ、見ているチャッカラーのあっし。

 
 
横断歩道を渡りきったら、まっすぐ行くのか、左に曲がるのか、どっちなのか!

と思ってたら、なぜか車道を左折。

 
多くの車が信号待ちしている車道の真ん中を。てくてく歩き出すノラワン。

 
 
その堂々とした姿に、あれこそが、「我が道を行く」の真骨頂だなと思ってしまった。

 
 
そして、そのまま、車道すすみ、見えなくなってしまったノラワンさん。

 
ご飯を求めて歩いていたのか、何を求めて歩いていたのか。

チェッカーズを聞いて、小気味良く歩いている自分との差を感じずにはいられない。
 
 
 
車道に消えたあとのことは、よくわからないけど、車に轢かれていないこと、保健所に連れて行かれて殺処分になっていないことを願うばかり。

 
 
野良になったのはどんな経緯なのかわからんけど、それでも、胸を張って生きているノラワンさんとの出会いは、なかなかに特別な思いを抱くことができたのでありました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 09.21

    下の話 2015

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク