なんとなくネトフリオリジナルを見る〜「13の理由」

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

©NETFLIX

ネトフリオリジナル作品はたくさんあるし、
せっかくネトフリを契約しているのだから、
ネトフリオリジナル作品を見る方が良いとわたし思うの。

 
なので、見たら、書くことを義務とすれば、見る気になるんじゃないか、
ということで、「13の理由 シーズン1」編なのです。

スポンサードリンク

あらすじ

自殺した女子高生、しかし、その女子高生は自殺をした理由をテープに声を録音して残していた。

で、そのテープを聞いた一人の男子高校生を中心とした自殺真相の発見を通し、人間がいかにクソなのかということを問いかけてくる13話構成。

 

感想(ネタバレなし)

なんとなく、そう、なんとなくネトフリトップに出てきたので、見てみた。
ゾンビを見たあとだったので、自殺という言葉に興味を惹かれただけなのかも。

 
最初の最初は、なんか面白くない感じ。
いまいち、その日常に入り込めないからかもしれない。

しかし、一度、その日常に溶け込めたなら、一気にいける。
つまり、3話3時間を耐えたなら、残りの10話の10時間は一気にいける。
そんなドラマかと。

 
このドラマへの正直な感想はと言うと、「見たくなくなる」という感じ。

ただただ、いろいろな登場人物たちに対して、イライラ・ムカムカするので、毎回見たくなくなる。
だけれども、続きが気になるので見る、そしてまた、ムカムカイライラして、見たくなくなる。

そんな繰り返しで、精神的には結構来る(ご飯食いながら見てたけど)。

 
ドラマ的に言いたいこと、伝えたいことは、
・いじめ ダメゼッタイ。
・自殺 ダメゼッタイ。
ってことだろうけど、クソ人間たちのクソ行動を天上界から見下している感じで、自分の気持ちが暗黒面に落ちていかないようにしないと、きちぃわ。

 
てか、たまに「なんでこの台詞、言い回しで怒るのかしら?」と、よくわからないときがあるのだけれども、これはあっしが人格破綻しているからなのかしら。。。

 

感想(ネタバレあり)

 

見たほうが良い度

評価:☆☆☆☆☆(5段階)

とりあえず、13時間ぶっ通しで見ればいい。
面白いというのとは違うけど、見る価値はあると思う。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク