Windows〜BootCampをやめてVirtualBoxに変えた結果

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

BootCampにWindows入れて、俺ってMacでWindows使ってて、仕事ができるんだぜー的な感じだったわけですが、ふと思った。

 
半年Windows起動してない。

 
てか、Windows10にしてない。てか、ダウンロードもしてない。
別にWindowsじゃなきゃならない作業なんてあんましないのよね。

スポンサーリンク

そもそもとして

BootCampとかで調子こいてみても、いちいちMac落として、Windows起動すんのとか、めんどくさいっての。

せっかくWindowsを起動しても、「あー、あの作業してなかったわー」とかで、Macに戻って、やり終えたら、Windowsに戻ったとしても、「あー、あのファイル入れとくの忘れたわ−」とかなって、Mac戻って、云々。

 
超非効率。

 
こんなこと続けていく勇気も元気もない、ってことで、Mac上でWinを動かすことが大事だということがわかったのであります。

 

わざわざ金出すほど使わない

とは言ってもだ、
Windowsを半年使わないぐらい、Windowsを使わないのだからして、Parallels DesktopとかFusionとかわざわざ買う気にはならない。

何に使うかなーと考えてみたけど、単純に「そこにOSがあるから」ですわな。

 
そこに山があるから登る
そこにOSがあるからインストールする

 
ただ、それだけのこと。

 

VirtualBoxにしたらどうなった?

「いらぬ金はださん!」ということになると、VirtualBox一択となるわけです。

 
で、VirtualBoxをインストールして、なんだかんだ設定したりして、Windows入れて、Windowsが無事起動!

 
そして気がつく。

 
別に、やることないわ。

 
そのまま、終了&封印。

 
そして、数ヶ月放置の時を経て、久しぶりに起動したのが、OUTLAST(ゲーム)をやるためとか。
MacでOUTLASTをするとフリーズするはなし

 
やったらやったで、まともに動かないので、再封印

 
完全にやることなくなったわけで。。。

 

結論

ちゅーことで、そもそもわざわざMacにWindowsを入れる必要はないのではないかと。
本当に使うのかな、そのそもWindowsを使qわなくてもいいなじゃいのかなと。

 
【今日の標語】
本当にWindowsが必要なら、Windows機買いましょう

 
 
さて、次の起動はいつになるかな。
Windows10にはしておくかな。

 
めんどくさいな。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク