SSDだけでは容量が厳しくなってきたならデータを移動させてはいかがですか?

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

ssd


まぁ自分のことなんですが…

SSD128G
いろいろインストールとかしながら、
デスクトップにファイルを置いたりして、
いろいろダウンロードしていたら、

容量ないんですけど


Macさんからお叱りが。

 
やっぱり128Gは厳しいなぁ
と思いつつも、

 
容量が無ければ、作ればいいじゃない!

ということで、
MacBook Airで使うことを考えつつ、
外での使用も含めて、どれがデータ保存に適しているかを
考えてみましょう。そうしましょう。

☆は5つで満点。

 
1 HDD
 なんでも入れれちゃう容量の多さが魅力。
 安いのも魅力的。
 でも、持ち歩くのが不便なので、外での使用はいまいち。
 買うならUSB3.0一択
 ☆☆☆

2 USBメモリ
 プスッとさして使える手軽さはいい。
 最近は容量も多くなってきたのでいいね。
 でもAirなりノートPCなりにさすと
 ぴょこっと飛び出るので結構じゃま。
 USBポート一つ占領されちゃうので、いまいち。
 容量大きいのはやっぱり高い。
 無くしやすい…
 ☆☆

3 SSDを大容量に交換
 これができれば、いいんだけどw
 でも高すぎなので、費用対効果で考えるといまいちかも。
 ☆

4 SDカード
 ぴょこっと飛び出るのはUSBメモリと同じだけども、
 出っ張りがそんなに気にならない。
 逆にさしたままでも移動は可能!
 容量が大きいのはやっぱり高い…
 一番無くしやすい。
 ☆☆☆

 
とまぁ、
オススメはSDカードかなぁ。
さしっぱで移動できるのがありがたい。
さしっぱだとなくさないしね!

撮影して、それを保存してとかで、
大容量が欲しいならHDD一択です。

ちなみに、
SDカードをさして移動する際は、
SDカード側を上向きに向けて
カバンの中に入れなりとダメよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク