PS4のゲーム実況はMacでやりませんか?〜リモートコントロール設定編

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

ゲーム実況とか見ていて、自分でやろうと思った場合、今の環境でゲーム実況はできるのかな?
とふと思ったので、考えてみる。

ゲーム実況ってWinを使ってるな気がしないでもないけど、Macでやりたいねん!
PS4だけならシェアボタンで済むんじゃね?とか言われるかもしれないけど、編集したいねん!

 
てなわけで、
家にあるモノはMacとPS4とUSBのヘッドセットの三点セットという、こんな貧素な環境で、YouTube系実況プレイ動画の製作は可能なのかどうか。

行ってみましょ。

スポンサーリンク

まずは普通に考えてみた

普通に考えるとキャプチャー系のモノを買って、そこにPS4とMacを繋いで、なんだかんだしないといかんよね。

そのモノのほとんどはWin用のモノだろうけど、Macにも対応したものだってあるはず!

と思って探してみると確かにある

 
しかし、ここで思い返す。

新たなモノを購入してあれこれ、なんてことを望んでいるんじゃない。
今ある環境のみでできることを望んでいるのだ!

 

PS4の機能を思い出す

そう言えば、PS4って遠隔操作、つまりリモートコントロールができたよな?

でも、あれってXperiaとPSVITAの専売特許だったような?
とか思ってSONYのページを漁っていると、普通にWinとMacでもできるのね。

 
しかし、SONYがApple用のモノを作るなんて!とか思ったり思わなかったり。

あんな仲悪かったのに。。。

 
ってことで、これ使えばできるんじゃね?
とか思ったので、やってみることに。


スポンサーリンク

PS4遠隔操作準備

※PSNのアカウントを登録していることが前提で、PS4でログイン済みであること。

【PS4の設定】
設定 → リモートプレイ接続設定 → リモートプレイを有効にする
にチェックが入っていることを確認

【Macの設定】
1 リモートコントロール用アプリケーションををインストール
  https://remoteplay.dl.playstation.net/remoteplay/lang/jp/
  ↑からアプリケーションをダウンロードしてインストールしましょ(もちろんMacにインストール)
2 インストール後、MacにPS4のコントローラーをUSB接続する
  MacがUSB-TypeC(Thunderbolt3)の場合は、USB3.0などの変換アダプタをかませば行けた
3 インストールしたアプリケーション(PS4リモートプレイ)を起動
4 ウィンドウ内から、PSNにサインイン
  ロボ判定プログラムが、不具合なのか、うまくいかないことが多いので、かなり厄介。
5 サインインが完了すれば、画面が切り替わるので、「はじめる」をクリックするなり、コントローラーの「OPTIONS」を押すなりしましょ。

6 さすれば、自動でPS4を探して接続してくれる。
  (PS4は起動か、スリープ中であることが必須)

7 ウィンドウ内にPS4の画面が表示され、MacでPS4の世界へようこそ!
  いやー、感無量でありますな。

画質は上々ではなかろうか。
(PS4との接続前に、メニューバーから環境設定しておいてね)

 

操作感などの感想

実際のところ、操作には、ちょっとタイムラグがある感じ。

 
具体的に言うならば、、、
ネトゲで言えば、有線マウスから無線マウスに変えたときの、あの微妙なラグの感覚と言えば、わかるのではなかろうか。
パワプロで言えば、引っ張っている間隔なのに、なぜか振り遅れるような感覚と言えば、わかるのではなかろうか。

つまり、操作はちょっと微妙な気がしないでもない。。。

 
 
長くなってしまったので、録画・音声入力などの設定は、次回に書いていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク