エクセルはセルの編集の仕方を覚えれば、断然効率化するんだぜ!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

エクセルで入力するぜー!!

って頑張っている人を傍目で見ていると、一度入力したセルを編集・修正するとき、わざわざマウスでダブルクリックしている人が多いこと多いこと。

いや、それじゃ効率出せません。
エクセル使いなら、ここでショートカットを使わないとね!

 
ってことで、セルに関する効率化を図るためにも、セルを編集するためのショートカットと編集・入力モードの違いを知っておきましょ。

スポンサーリンク

多くの人がエクセルのセルを編集する方法

万人がセルの内容を修正する基本的操作と考えているのは、セルをダブルクリックすることになるでしょう。

そうすることによって、セルが編集モードになり、セル内の内容の修正が可能になるわけですな。

 
しかし、今までキーボードで数字や文字を打っていたのに、マウスに手をやり、ポインタを動かして、ダブルクリックして編集ができるようにして、キーボードに手を戻す・・・となると、これは超絶時間の無駄となります。

1件1秒程度の時間的ロスになるかと。

 

ちゃんとショートカットがあります

しかし、この「セルを編集モードにする」には、実はショートカットが割り当てられているで、キーボードから手を離さずともセルの内容を修正できうのであります。

 
して、そのショートカットとは

Win : F2
Mac : Control + u

となっています。

Macだとちょっとやりづらいものの、いちいちマウスに手をやる時間を考えれば、マシというもの。

 
大量にデータ入力する場合などは、このショートカットを使うことで、かなり効率化ができたりしますぞ。

時間に追われているときこそ、必須なショートカットとなっております。

 

本当に効率化するのか?

「てか、F2キーなんてどこにあるのか知らないし、F2キー探しているうちにマウスでダブルクリックできちゃうわ!」
とか言われたりします。。。

 
悲しいですねぇ。

 
ってことで、どのぐらいの差が出るかを動画にしてみたので、どうぞ。

条件は、6つのセルの修正で、修正の仕方の違いはこんな感じ。

【マウス操作を含む】
・・・セルをダブルクリックして、マウスで範囲選択して、キーボードで修正
【キーボード操作のみ】
・・・ショートカットで編集モードにして、キーボードのみで範囲選択し修正

結果、これだけでも2〜3秒の違いが出る(決して手は抜いてない)。
実際には、キーボード操作の最初、「何するんだっけ?」と3秒ほど考えてしまったので、5秒ぐらいの差が出てくる感じ。

となると、1セル1秒ぐらいは違うといえるのではなかろうか。

今回はMacだったので、これがWinだとF2キーをポンって押すだけなので、もっと早くなるでしょうな!

 
一つのセルの修正で、「数秒の違い」に価値を感じるかどうかだけど、価値を感じないと効率的作業とは程遠いですぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク