【LINEタンタン攻略】60分フリーチケットやイベントのうまい使い方を考える!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

タンタンたまにやってくる60分ハート使い放題イベントが来たり、60分フリーチケットを購入したら、1時間みっちりやらなきゃ損ってもの。

しかし、のんきにやっていると、せっかくのイベントやチケットが無駄になってしまう。

今回は、60分ハート使い放題のときはどう動くのが得策か考えていきます。

スポンサーリンク

どうしたいのか

60分ハート使い放題の利点は、難関ステージを何度でもやり直せるということです。

通常時なら初期ブロックの配置が悪すぎて、全然進められなくても、1回は1回なので、無駄な回も結構あります。

でも、ハートが使い放題なら、配置が駄目なら速攻でやり直しても良い。
というか、やり直したほうが得策になります。

つまりは、駄目だったら速攻でやり直すべきだということです。

「やり直し」の考え方

とにかく、少しでも早くやり直しの判断をしたいというのが狙いに。

そのため、「タイムオーバー」や「時間延長」、「ステージ結果」など、全く見る必要のない画面を表示させてしまっては、せっかくのフリータイムを無駄な時間で潰すことになってしまうわけです。

この画面への繊維や表示など、わずか2,3秒であったとしても、1時間で数十回やり直すと考えれば、これを毎回表示させていたら、数分ものロスとなり、非常にこれは痛い!

消せるブロックを探せず数秒経ってしまったら間に合わないステージなんかも多いので、残り時間を確認して、こりゃだめだと判断したら、すぐに「やり直し」を選択することが重要になってきます。

目安としては、10秒考えてしまったら、やり直す(90秒前後のステージ)

時間に余裕のあるステージもあるにはあるので、120秒を越えないとイマイチ時間的には厳しいステージとも言えるので、このぐらいの判断で十分だと思います。

結局、難関ステージを何度もやり直して、良い配置になるのを待つことも重要だったりするのが現実。
逆に言えば、良い配置さえ来れば、難関だと思ってたステージが楽に終わるわけだしね。

まとめ

イベント降臨であっても、チケット購入であっても、せっかくのフリータイム。

ぜんぜんクリアできなかった難関ステージをクリアしすす、一気にステージを進めることも可能になるので、無駄な時間を極力減らして、駆け抜けよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク