ビッグバンセオリーシーズン7第3話のニール・ダイヤモンドの曲を集めてみた!

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

ビッグバンセオリーのシーズン7のエピソード3が大好き。

ハワードとエイミーが初めて一緒にはじける回だし。

しかし、共通の好きな歌手であるニール・ダイヤモンドって日本人にはどうなのかな。
あんまし知らないような気がするし、あっしもよく知らないので、まとめてみましょう。そうしましょう。

スポンサーリンク

9:17あたり

ハワードとエイミーがどっちもニール・ダイヤモンド好きだとわかりデュエットする曲。
サビ以外は静かなんだけど、サビが良いよね。
とりあえず「So Good! So Good!! So Good!!!」やりましょう。

曲名 Sweet Caroline

「パッパラー」とか「So Good!」はライブだとわかりやすいです。

13:40あたりと15:10あたり

スチュアートのコミックストアで答がわかってニール・ダイヤモンド号へ戻ってデュエット。
かっこいいとは思うんだけど、劇中で使われているところが印象に残りすぎて・・・。
とりあえず「Today! Today!! Today!!!」やりましょう。

曲名 America

15:50あたり

実験室でデュエット。
バラードかぁと思って聞いてたら、サビかっけー。
次があるので、今回はのんびり聞きましょう。

曲名 Love On The Rocks

20:00あたり

チーズケーキファクトリーでデュエット。
ハワードとエイミーのノリを見てわかるように、めっちゃかっこいい曲!
「She got the way to move me」と「She got the way to groove me」の掛け合いを楽しみましょう。

曲名 Cherry Cherry

2008年ライブバージョン

こういうおっちゃんになってライブに出たいな。

おむすび

結局、格好良いよね。
オススメは、「Cherry Cherry」。

ビッグバンセオリーは、ドラマ内でそんなに曲は使われてはいないけれど、この話はたくさん使ってきて楽しかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク