メモアプリは入力であると考えるとKeepになる理由はただ一つ!

この記事は2分で読めます

自分のメモアプリ遍歴は人並みすぎて恥ずかしい。

Evernoteからはじまり、有料になったからOneNoteに以降
結局Web版なら無料でいけることに気がついて、Evernoteに戻り、Keepを知ってからはKeepにして、そのままずーっとKeepのまま。

ということで、Keepが良い!という、そのたった一つの理由を説明いたします。

見た目はEvernoteが好き

全体的な見やすさでは、Evernoteの見せ方が良いような気がしないでもない。

Keepのデフォルトの表示であるギャラリー表示だと、メモをペタペタ貼っていくスタイルなので 、なんか見づらい。

リスト表示にすれば良いじゃないと言われても、なんか野暮ったいし、なんか考えなしに作った?みたいな感じでイヤ。

グーグルのアプリってなんちゅーか、良くも悪くもあっさりしてるよね。

Keepの何が良いのか

Keepの良さはOCRができるから、ではない。

利点がそれだけだったらOCRアプリ使うわってなもんじゃない?

Keepの一番の利点は、

メモりたい!と思ったときに、すぐにメモれる体勢を作ってくれること。

歩いている最中に思いついたことなどを、さくっとスマホでメモるので、すぐに入力したい。
Keepだと、下段に入力欄があるので、それをタップすれば、入力する体勢を作ってくれるのがありがたい。

Evernoteも大きな違いはないと言えばそうなんだけど、Evernoteの場合は、画面右下の「+」をタップしたあと入力方法を選択するという一つ手順が多いのがネック

たった一つの違い、ワンタップの多さなんだけれども、その手順が非常に煩わしい。。。

おむすび

Evernoteは。一つ多く動作をさせてでも、入力欄を表示せず、純粋にメモという情報をより多く表示させることに力を入れていると考えることもできる。

でも、すぐ忘れちゃうから、すぐ入力できることが望ましいと思うのよね。

すぐに記憶をKeepしたいなの。

OneNoteなんて記憶にない。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。