Evernoteを捨てられないたったひとつの理由

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

入力の優位性ということで、メモアプリは現在Keepを使っております。

Keepの入力の良さについては、先日書いたとおりであります。

しかし、Evernoteが捨てられていない現実があるのです。

その一つの理由を説明します。

スポンサーリンク

Keepを選んだ理由

スマホで入力する場合、Keepは実際に入力できるまでの手順が一つ少ないので、Keepを選んだわけあります。

たったそれだけの差だけれども、ふと思いついたことをメモしたい!ってときに、この一つの手順は非常に煩わしいってなもんです。

だから、EvernoteではなくKeepを使っているんだけれども、Evernoteが切り離せない。。。

Evernoteがなぜ捨てられないのか

Evernoteが捨てられない理由はたったひとつ。

ニュースアプリやまとめアプリから記事などを保存(共有)したときに違いが現れるのです。

Keepは、記事タイトルとURLが保存されるだけで、その記事を読むためにはリンクを踏まなければならない。

しかし、Evernoteだと、記事タイトルだけではなく、記事の内容も保存されるので、Evernote内で完結できるというお手軽さがある。

各アプリから保存(共有)する場合も、Keepは「他の方法で・・・」といった一覧表示させないと表示されないことが多いが、Evernoteだと連携アプリの第一線に表示されるのが普通となっているので、これまた一手間少なくて済むことが多い。

こういう点では、Evernoteは歴史があるのかなと思う。

おむすび

ニュースアプリやまとめアプリでは、消えてしまっていたとしても、Evernoteに保存しておけば、記事内容もそのままにいつまでも読めるというのがやはり大きい。

過去に遡って検索できるしね。

これをKeepでできたら、Evernote卒業としてもいいのだけれども、おそらくできないのではないだろうか。

メモアプリ2つ使用から抜け出したい・・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク