Mac版パワーポイントに翻訳機能が無くても翻訳する方法

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

Win版パワーポイントの翻訳機能は必要なのかどうかが疑問なぐらい微妙じゃね?
って思ってると、Mac版にはそんな機能すら実装されていないからね。

あーMacユーザーは英語ができて当然だからね、翻訳機能なんていらないってなもんだよね。

でも、あっしのような純日本人体型的なマカーが世界を股にかけてパワーポイントで中身のないプレゼンをするのは大変なんです。

なので、Mac版パワーポイントで翻訳できるようにしておきましょう。そうしましょう。

スポンサードリンク

本日の文章

本日使う文章はこちら。

訳す術はなかろう。

Mac版パワーポイントを確認

Win版パワーポイントには、翻訳機能があります。

これを翻訳機能と呼ぶのかは甚だ疑問。
ただ最初の単語だけを辞書で調べましたー!!ってなんだそりゃ。

ということで、こんな機能いらんってわけだけど、Mac版にはそのいらん機能が実装されてないっておはなし。

いらん機能が実装されていても、なんだこの機能、いらんわ!って思うんだけれど、いらん機能が実装されていないっていうのは、甚だ遺憾。

文句を言う隙すら与えないマイクロソフトはすごい。

Mac版パワーポイントで翻訳する方法〜設定編

アドオン入れましょ、そうしましょ。

前回エクセルで入れた「あれ」を入れましょう。そうしましょう。

【前記事】Mac版エクセルで翻訳する方法を考える【エクセル効率化】

インストールの仕方はエクセル時と同じ。

「挿入タブ」 → 「ストア」と進む。

ウィンドウが表示されたら、検索欄に「Translator」と入力して、表示されるアドインを追加しましょー。

アドイン追加したら、翻訳欄が右側に表示されますの。

翻訳欄を閉じて再度開く場合は、「挿入タブ」→「個人用アドイン」→「PROMT Dictionary and Translator」と行けば、横にウィンドウが表示されますの。

ちなみに、エクセルで入れてたら、パワポでも使い回せますぞ。

Mac版パワーポイントで翻訳する方法〜使い方編

アドイン入れたら、使いましょう。そうしましょう。

【1 Source language】
Detect languageのままでも大丈夫かと思うけど、うまく翻訳してくれない場合も多いので、翻訳させたい言語を選択(基本は日本語)。
欲する言語がなかったらアドイン削除。

【2 Target language】
翻訳したい言語を選択。
デフォルトではロシア語になる模様。英語にしておくとよし。

【3 Translation profile】
Universalだったり、Otherだったりするけど、そのままで良いかと。

テキストボックスを選択するか、文字を選択すると、小人さんが翻訳してくれます。

ちなみに、ここをクリックすると、置き換えてくれます。

おむすび

翻訳の結果はどうかというのは、その人によると思うので、さておくが、明日急遽グレートブリテンでプレゼンしなきゃならなくなった場合とかに、さくっと翻訳するのとかに使えるかと。

でもインターネットつながってないと使えないけどね。

JALだと1時間10ドルでインターネットし放題。
つまり「カエラはメールし放題」。

どうせみんなファーストクラス乗るんだから、このぐらいは安いもんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク