Win用のキーボードをKarabiner-ElementsでMac仕様にして使っちゃおう!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

前回は、Mac用のサードパーティキーボードをちょっとでも使いやすくしましょうってことで、Karabiner-Elementsを使ってみたところ。


しかし、今までの財産として、Win用キーボードがいっぱい転がっているし、これをMac仕様にしたら良いかもね。

ということで、Win用キーボードをMac仕様にしてみましょう。

スポンサーリンク

方向性を考える

Win用キーボードをどんな方向にするか考えていきましょう。

1 「command」キーと「option」キーの追加
2 「control」キーの追加
3 「英数」、「かな」キーの追加

ココらへんのキーの設置を絶対条件としつつ、あとは配列を考えながら、使用感をできるだけ近づけていきましょ。

置き換え例

置き換えるとすると、純正に近いかたちを作りたいので、

1 Ctrl → caps lock
2 窓 → option
3 Alt → command
4 変換 → スペース
5 カタカナひらかな → かな
6 Alt → command
7 窓 → option
8 Ctrl → fn
9 Caps Lock → control

あたりでどうでしょう。

「スペース」キーを長めに取りたいという欲求を満たすために、「変換」キーを「スペース」キーを割り当てるという勇気を持ちましょう。

caps lockがいらない場合は、

1 無変換 → 英数
2 変換 → スペース
3 かたかな ひらかな → かな
4 Alt → command
5 窓 → command
6 Ctrl → option
7 Caps Lock → control

 
こんな感じでどうでしょう。

「command」キーを増やすことで、より快適なショートカットを環境を提供します。
そうそう「option」キーも使うわけではないので、角の追いやりましょう。

Karabiner-Elementsの出番

Karabiner-Elementsを使って、それぞれのキーを割り当てていきましょ。

「command」、「option」、「control」、「shift」は一番上「Modifier keys」内にすぐ見つかるね。

「スペース」キーは、ちょっと下にスクロールして「Controls and symbols」内にありますぞ。

「英数」と「かな」はがんがん下にスクロールさせた「Japanese」内で見つかりますぞ。

こんな感じにしときました。

おむすび

こんな感じで割り当てし直すと、Mac仕様となって結構いい感じになりますぞ。

純正が使いやすいとは思えないし、Mac用とか言われても大して使いやすいわけでもないし、自分にとって使いやすいキーボードを買ってきて、キーの割り当てをどんどん変更して、どんどん使いやすくしていきましょい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク