Googleスプレッドシートの簡易の検索機能の微妙さと行削除の複合エラー

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

スプレッドシートの検索と置換のショートカットと言えば、command+shift+H。

でも、いちいちこれは使いづらいので、command+Fで代用してしまう。

今回はこのcommand+F(簡易検索)のお話をしていきますぞ。

スポンサーリンク

簡易検索の罠

しかし、この簡易検索機能、ちょっと微妙だよね。

ひとつ目の微妙な点

この簡易検索の微妙な点のひとつ目は、表示しているシートのみの検索対象となること。

いや、他のシートにも横断的に検索してほしいんですけど・・・。

わざわざ「検索と置換」で検索するのは、ひじょーにやりづらいんだよなぁ。。。

ふたつ目の微妙な点

この簡易検索の微妙な点の二つ目は、範囲指定しての検索ができないこと。

範囲選択してるんだから、その範囲内で検索してくれればいいだけの話じゃない。

検索のオプションは、「検索と置換」だけじゃなく、簡易検索でも使えるようになってほしいわ。

行の削除と簡易検索エラー

検索機能だけを考えると、エクセルのほうが使いやすい気がしないでもない。
そして、なんか変なエラーがあるのよね。

【エラー内容】
不思議なエラーはこれ。

command+Fで簡易検索をする
 ↓
その検索結果の対象行を削除する
 ↓
行削除後、そのまま次の検索をすると検索されない場合がある

大してデータが多くないシートだとこのエラーは起きないっぽい。

【対処法】
対処法って言えるかどうかはよくわからないけど、

・一回どこかのセルをクリックする
・他のシートに移動する

これで、ちゃんと検索されるようになりますぞ。

おむすび

Mac & Chromeというの使用環境でのお話でございますが、他の環境でもあんま変わりはないと思う。

検索はもっとがんばりましょう。
久々にエクセルを褒めてしまった・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク