スプレッドシートの一気にリンクを開くためにふさわしいブラウザを求めて

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

以前はChromeで事足りていたのであります。
「option + retrun」一発で一気に開いてくれたので。

しかし、Chromeの大きなバージョンアップをし、外観がかわり、素敵な感じ?になったら、なぜか「一気に」開いてくれなくなってしまった。

スプレッドシートの開発チームとChromeの開発チームの確執なのかなんなのかよくわからんけど、この状態では、Chromeはつけない。

ってことで、この「スプレッドシートのリンクを開く」を一気にやるために、今ふさわしいブラウザはなんなのかを探してみましたぞ。

スポンサーリンク

Chrome


Chromeで、スプレッドシートで50件のリンクを一気に開くと、なぜか開かないページが出てくる。

つまり、タブは開けども、URLが入力されず、Blankページのままになってしまうという。
数としては10ページぐらいはBlankページとなってしまう。

一回、全タブをウィンドウごと閉じて、再度開くと、Blankページは少なくなるけど、2ページぐらいはBlankページになる。

なんなのこれ。
勝手にバージョンアップしてエラー引き起こしてんじゃねー。

意味不明だけど、こうなってしまったら、Chromeなんて使ってらんないわい。

なんかフリーズも多くなったし。

Firefox

Chromeから逃げるようにFirefoxを起動。

Chromeと違い、リンクはきちんと全部開いてくれる。

いやー解決解決と思ったら、「option + return」でリンクを開いたセルは、なぜかセルの編集モードになる。
(一気にたくさん開いた場合は、関係ない)

それだけならまだしも、編集モードから逃げようと「Returnキー」を押してしまうと、なぜか改行されてしまうという派手なバグが。
(escキーで回避できる)

こいつも使えない。
もともと大して使ってないけれど。

Safari

2大勢力から逃げるようにSafariを起動。

やっぱり、Macだったら、Safari使わないとね!

スプレッドシート開いて、リンクを一気に開く!

ひとつ目のリンクしか開かねーっていうね。

だからサファリなんて使わねーんだよ。
駄ファリめ!

VIVALDI

逃げるようにVIVALDIを起動。

もうなんでも良くなってきた。

ってことで、リンクを一気にひらいてみると、何の問題もなく全部開いてくれた。

あーVIVALDIになるのか・・・。

とか思ったけれど、「control + tab」でのショートカットのタブ移動が、右から左に向けて動くので、慣れないわぁ。

こういうところに個性はいらん。

Opera

そう言えばと、存在を忘れてたOperaを久々に起動。

これまたスプレッドシートを開いて、リンクを一気に開てみる。

さすが軽さ王。50ページ一気に開いても、さくさくですな。

しかし、ショートカットでのタブ移動で、サムネ表示機能は、なれないわぁ。

普通に左から右に動かすだけでいいのに。

こんなところに個性はいらん。

おむすび

とりあえずは、Operaで様子見かなといったところ。
Chromeになれてしまった体にはOperaは使いづらいとも言えるけどね。

われの人生に、Operaの時代が来るとは思わなかったが。

Chromeが正常に戻ったら、Chromeにするけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク