エクセルMac版にショートカット設定が復活したので設定方法などをどうぞ!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

エクセルMac版のショートカットがクソだとか、うだうだ言っていたあの頃。

とか思ってたら、ショートカットの独自設定が復活しましたな。

そもそもなんで消したんだかよーわからん。
マイクロソフトの高尚なお考えはわかりかねます。

スポンサーリンク

ショートカットを設定する場所

メニュー内「ツール」→「ショートカットキーのユーザー設定」

「ショートカットキーの割り当て」ウィンドウが開くので、そこでコマンドにショートカットキーを割り当てていきますぞい。

メニュー名とウィンドウ名が違うってのもなかなかオツなものです。
いちいち文句を言いたいお年頃。

設定方法

ついでなので、設定方法なんかも書いておきましょう。

みんな大好き「セルの結合」」にショートカットを割り当てましょう。

分類を選択すると、分類内のコマンドが一覧で表示される。

[ホーム]タブ → セルの結合

一覧は検索できるようにしてほしいものなのだが。

さておき、
コマンドを選択すると、

・説明にどのような動作をするかが表示される。

ついでに言うと、すでにショートカットキーが割り振られていれば、現在の割り振られているショートカットキーが表示される(割り振られていなければ空欄)

そんでもって、

「新しいショートカットキーを押してください」の欄を入力状態にしてから、設定したいショートカットキーを実際に入力して、「追加」ボタンを押すと、コマンドにショートカットキーが割り当て完了となるのです。

他に割り当てられている場合、その名称が表示されますぞ。

元々の割り当てられているショートカットが優先されるので、削除不可。

割り振り終わったら、「OK」ボタン押して戻ってね。

謎というかエラーというか

なんかショートカットの表示が違うのもある感じがしないでもない。

例えば、「ウィンドウをしまう」はcommand+mなんだけど、ショートカットが割り当てられていない。

command+mと入力すると「組み込み」となっている。
てか、組み込みってなぁに?

おむすび

とりあえず、復活おめでとうと言えるかな。
いや、復活させるぐらいなら、消すんじゃねーよと言えるかな。

でも、もうスプレッドシートに移行したので、エクセルとかもうどうでもいいのよね。

使う機会はないけれど、教える機会があるから、切れない。

ついでに、ワンドライブも大して使ってない現状。

いやん金の無駄。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク