iOSにもGboardを入れるとグライド入力で楽になる?

この記事は1分で読めます

前回アンドロイド端末にGboardをインストールしてグライド入力しよう的なことを書いたところ。

グライド入力は至高ですのでね。

これはiOSでも使わないともったいないってもんなので、入れて使ってみましょう。

Gboardをインストール〜設定

AppStoreでGboardを検索してインストールしましょ。

インストールが終わったら開きましょ。

開いたら「使ってみる」をタップ

注意書きを見たら「使ってみる」をタップ

設定に飛ぶので、「キーボード」をタップ

「Gboard」をONにすると、「フルアクセスを許可」が出現するので、それもONにすると、アラートがでるので、「許可」をタップ。

再度Gboardに戻ると設定画面になっているので、「言語を追加」をタップ

下の方にある「英語(アメリカ合衆国)」をタップして追加しましょ

これで準備完了。

あとは、キーボードを切り替えて使ってみましょう。

注意点

iPadで使う場合は、キーボードが大きくなってしまうので、あっち行ったりこっち行ったりで大変。

グライド入力は現状、日本語には対応していないので、日本語を打つときは普通にキーボードを使った方が早いと思う。

iPad Proで使う場合、スマートキーボードと相性が悪いのか、

GboardでEnglishを選択したまま、スマートキーボードを装着すると、かな入力できなくなっちゃうとか、Gboard入れてただけで、純正ソフトキーボードの「かな」・「英数」切り替えできなくなったりとか

そんな不具合があるっぽい。

Folioだけの問題なのかもしれないけど。

おむすび

グライド入力の問題点は、キーボードの文字が手で隠れてしまい見えないところだと思う。
そのため、なぞり間違いが結構あると思うのよね。

でも、ここら辺を克服できると、グライド入力マスターと言えるのではなかろうか。

とりあえず、iOSでも、物理キーボードが無いなら入れてもいいんじゃないのかな。
キーボードを持ってる場合、不具合出たら削除どうぞ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。