MacとAndroid間のファイル転送はBluetoothでやってみる?

この記事は2分で読めます

iPhoneだったら、AirDropでMacとファイルをやり取りできちゃう!

簡単楽勝!

でもそれだけのためにiPhone持とうとか思わん。

ってことで、今回は、Mac・Android間のファイル転送を考えましょうっておはなし。

ファイルを直接やりとりする

共有して、そこから、オンラインストレージに送ったりーとか、Googleフォトとかに送ったりーとか。

そんなんしてたら、手間かかってめんどいですな。

そうではなくって、端末間で直接ファイルをやり取りしようってお話なのです。
(今回はスマホとMac)

それをBluetoothで接続してやりましょーってお話なのです。

MacとAndroidをつなぎつつ、Macの設定

とりあえず接続しましょう。

接続はいつものBluetooth接続と同様。

Android側でもMac側でもいいので、Bluetoothの設定画面に行って、それぞれの端末を探して接続するだけ。

接続したのち、未接続になってたら、再度ダブルクリックよ!

ついで、Bluetoothを使ってMacでファイルを受け取るには、共有可能の設定にしておかないといけないので、「システム環境設定」→「共有」と進んで、「Bluetooth共有」にチェックを入れましょね。

MacからAndroidにファイルを転送する

Macからファイルを転送するなら、「Bluetoothファイル交換」っていうアプリがありますぞ。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダ内に入っております。

ちなみに、Bluetooth設定画面から、Android端末名をダブルクリックしても、「Bluetoothファイル交換」アプリは起動するので、そちらからどうぞ。

すると、ファインダーが開くので、転送したいファイルを選んで「送信」ボタンを押す。

こんなんが表示される。

スマホ側でも承諾が必要なので、「承諾」してね。

さすれば、Android端末にファイルが転送されますぞ。
端末内部のフォルダ「bluetooth」とかに入ってると思いますぞ。
あっしの場合は、こんなところにありますわ。

Bluetooth設定画面の「受信済みファイルを表示」からでも転送されたファイルを開くことは可能。

ファイルの場所が非常に分かりづらいったらありゃしない。

AndroidからMacにファイルを転送する

まんず、転送した画像などから「共有」ボタンをタップして、「Bluetooth」を選択。

基本は「一回のみ」だよね。

一番上に「Bluetooth」ない場合は、下にスクロールさせるとあるはず。なかったら知らん。

画面が変わるので、ファイルを転送したいMacを選びましょう。そうしましょう。

あとは勝手にMac側で受信されるので、ファイルをお好きなようにいじってくださいまし。

ちなみに転送されたファイルはダウンロードフォルダに入ってますぞ。

おむすび

インターネットにつながってなくても共有できるからBluetooth共有は重宝するよね。
そういう意味では、AirDropよりも使えるっちゃ使える。

Mac側で接続が切れると、もう一度接続させないと受信しないというような感じもあるので、もう少し安定感があればいいのにと思わなくもない。

だけど、どうやらまだiPhoneを買う必要はないようだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。