Googleスプレッドシートのタブを移動する方法

この記事は2分で読めます

エクセルしかり、Googleスプレッドシートしかり。

タブの移動ってめんどいよね。

このタブの移動をうまくこなせると効率化につながるので、今回はタブの移動について置いていきましょ、

マウスクリックで移動

マウスでタブをぽちぽちっとクリックすれば移動いたします。

結局これになるよね。

タブの移動ごときで効率化を考える人はそうそういない。

ショートカットで移動(Mac)

しかしMacだとタブの移動にショートカットが設定されております。
ショートカットが設定されてるのはMacのみかしら?

Macにおけるタブの移動ショートカット

左方向へ移動 [command] + [option] + [page up] 右方向へ移動 [command] + [option] + [page down]

ショートカットだとさくさくタブ移動できるので、Macユーザーなら是非覚えておきたいし、是非使い倒したいところであります。

しかしWinで使えない、ショートカットに使うキーが一つ多い、となると、タブ操作に関しては、Excelの方が良いかなぁ。

一応Excelのショートカットも書いときましょ

Excelにおけるタブの移動ショートカット
Win:
左方向へ移動 [Ctrl] + [Page Up] 右方向へ移動 [Ctrl] + [Page Down] Mac:
左方向へ移動 [command] + [page up] 右方向へ移動 [command] + [page down]

マジックマウスの小技

タブが多くて隠れている場合、左右ボタンで隠れているタブを表示させるわけですが、、、

Appleのマジックマウスだと、タブ上にマウスポインタを持っていき、左右スワイプをすると、隠れているタブを表示させることが可能なので、マジックマウスを使っているなら、ぜひお使いくださいませ。

まぁショートカットで十分といえば十分なんだけど。。。

おむすび

小技だけれども、知っておくと、楽になるっておはなしございます。

いちいちマウスに手を動かすのは、やっぱり非効率なんだよね。

ショートカットの優位性では、まだまだExcelの優位性は揺るがないのかも。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。