MacOS Mojaveのマウスポインタ(カーソル)を入れたスクリーンショットのとり方

この記事は2分で読めます

昔のMacOSで、マウスポインタを入れてスクリーンショットをとりたかったら、グラブというアプリがあってのぅ・・・

と、御老体が若い衆に語りかける姿が目に浮かびます。

「それはわかったから、今のMojavej台はどうすんの!?」
という若い衆の悩みに応えるためにも、Mojave時代のマウスポインタ付きスクリーンショットのとり方を書いておきましょ。

グラブじゃなくってスクリーンショット.app

マウスポインタを入れて撮影したいけど、「グラブがない!グラブがない!」と騒いでいる諸兄姉。

そんな過去の栄光は忘れましょう。

今の時代は「スクリーンショット」というアプリで行うものなのです。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」とすすむと、スクリーンショットとQuickTimeの画面撮影をあわせたアプリ「スクリーンショット」が追加されておりますぞ。

これによって、スクリーンショットを取るのが当たり前なのです。時代なのです。

マウスポインタを含めてスクリーンショットをとる

で、スクリーンショットのとり方は「グラブ」とあんまり変わらないのであります。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」とすすみ、フォルダ内の「スクリーンショット」を起動

起動すると、画面下にこんなんが表示される。

左の枠にある3つのアイコンがスクリーンショット(画像)

その右隣の枠にある2つのアイコンが画面撮影(動画)

んでもって、スクリーンショット側は

左 : 画面全体を取り込む
 単純に画面全体のスクリーンショットを撮影
中 : 選択したウインドウを取り込む(一つのウインドウのSS)
 ウィンドウ一つを選択して、そのウィンドウ全体を撮影
右 : 選択部分を取り込む(選択部分のウインドウ)
 撮影する部分を選択して、その部分のみを撮影

となっております。

マウスポインタを入れてスクリーンショットを撮影する場合は、「オプション」から「マウスポインタを表示」にチェックを入れつつ、タイマーを5秒か10秒にしましょ。

設定が終わったら、、、

取り込むボタンを押すとカウントダウンが始まって、撮影されますぞ。

瞬間の撮影なので、別のタイプのマウスポインタも撮影できますぞ。

注意事項

マウスポインタを含められるのは、「画面全体」のスクリーンショットのみ。

画面選択・範囲選択では、マウスポインタは移りませんのでお間違えなく。

おむすび

マウスポインタを入れるなら、ってお話しなので、普通にスクリーンショットを取るだけなら、ショートカットが早いので、そちらからどうぞ。

グラブよりはわかりやすくなったかと思うのでよかったよかった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。