【Mac・Win別】Excelで勝手にセルに色がつく機能を理解して止めさせよう!

この記事は1分で読めます

Excelで入力していて、セルに色をつけてる場合、「なんか勝手にセルに色がつくわー」なんてことがあったりするかと。

入力してて、いらんところにまで色をつけられるから、これがやっかい。
いらない機能はオフにしておかないとね!

てことで、この機能を理解しつつ、機能のオフの仕方について書いていきましょう。

どんな場合に勝手に色がつく?

基本

前3つのセルに色が付いている場合、4つ目のセルに自動的にセルに色がつけられます。

注意点

・違う色のセルが並んでいると、自動的に色はつきませんぞ。
・1行おきに色をつけている場合も対応
(2行おき以上には対応せず)

Win・Mac共通で、まとめるとこんな感じ。

列には違いがある

・Win版は列(横方向)の場合、勝手に色がつく
・Mac版は列(横方向)の場合、非対応

では、とっととこの機能を無効にしましょう。

Mac版の設定解除方法

上部メニューの「Excel」→「環境設定」

Excel環境設定画面が出てくるので「編集」をクリック

「編集」画面になるので、「データ範囲の形式と数式を拡張する」のチェックを外す。

これでさようなら。

Win版の設定解除方法

メニューの「ファイル」をクリック

左メニュー欄から「オプション」をクリック

Excelのオプション画面から「詳細設定」→「データ範囲の形式および数式を拡張する」→「OK」

これでさようなら

おむすび

この勝手に色がつく機能は、Excelのバージョンによるかなって感じ。
最新版だと、色が付いた感じ。
旧版を使ってたら、つかなかった感じ。

勝手に色がつかないならどうでもいいけど、勝手にセルに色がついて、それが嫌だったら、設定を解除しておきましょう。

1行おきは使えるかもと思うが、連続入力だといらん機能だしね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。