Macで長く音を伸ばすマクロン付きの文字を出しましょう!

この記事は1分で読めます

いやーマクロン付き英字ってWinでも出しづらいけど、Macでも出しづらいよね。

毎日毎分で使う可能性がないとも言えないのにね。

ご存知マクロン付き英字は

Ā Ī Ū Ē Ō

文字の上に棒がついて、伸ばして発音してねー的なやつね。

もう語尾を伸ばしまくりたいので、マクロン文字を出したくて出してくて仕方ないと思っている!
けど、出し方を学校でも社会に出ても教えてくれないので、出し方覚えますかってお話です。

とりあえずの準備

文字を入力したいアプリを開いて、カーソルを入力欄に合わせておくのです。

カーソル位置に入力されますぞ。

Mac標準IMEの場合

現在「JapaneseIM」、以前「ことえり」
どっちにしても大して使えないのは変わらない。

このJapaneseIMの場合は、右上に表示されているIMEをクリックして、「絵文字と記号を表示」をクリック

入力したいマクロン文字を検索欄に入れる。
今回は「A」のマクロン文字だすということで「A」を検索欄に入力。

すると、右下の欄に関連文字の一覧が出るので、そこから該当文字を選んでダブルクリック

するとカーソル位置に入力されますぞ。

Google日本語入力の場合

Google日本語入力をインストールしている場合もやっときましょう。

Google日本語入力でも同じ入力方法でいけるんだけど、もっと楽でございます。

「まくろん」と入力してスペースを押して変換候補を出してみると・・・

マクロン文字が表示されるのであります!

おむすび

Mac標準環境だとマクロン出すのも簡単ではないなぁ。

操作性もアレだから、別なの使って出しやすい環境を整えておくといいとおもいますぜよ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。