結構簡単!エプソンEP977A3の廃インク吸収パッド交換だよ!

この記事は2分で読めます

エプソンのEP-977A3で、さぁ印刷しましょう!
とか思ったらプリンタからエラー音が鳴る。

プリンタの操作パネルを見ると
廃インクの吸収パッドがパンパンだから、取り替えてエプソンにお金を落としてね
的な表示が。。。

こういう表示を見ると、エプソンに絶対儲けさせてなるものか!
と固い意志のもとに行動してくなってしまうので、自分でなんとかしましょうってお話です。

意外と簡単にタンクを取り出せた

プリンター底にあるネジ2本を外すと、簡単にタンクが取り出せる仕組み。

まぁエプソン側が直すとしても、簡単な方がそりゃいいよね。

プリンターの底の手前にあるハイインクのタンクのネジ2本を外して、

もぞもぞと引っ張ればとれる仕組みですぞ。

WIC RESET UTILITYでリセット

で、廃インク吸収パッド交換後しても、プリンタはエラー表示がされたままなので、そのエラーをリセットするわけでございますな。

リセットのツールはこちらからダウンロードどうぞ。
https://www.2manuals.com/product_info.php?products_id=1149

このリセットにかかるコードは有料となっていて、上記の英語サイトから購入でききるのであります。

いやー英語サイトから購入するのはちょっと・・・と思う人なら、
楽天
ヤフーショッピング
Amazon
ヤフオク
で買えますぞ。

それぞれで「廃インク エラー 解除」と検索すればずらずらっと出てくるので、「これが信頼できそう!」ってのを選べばいいんじゃない?

ちなみに、楽天ポイントで大戸屋生活のあっしはこちらで購入しました。

リセットコードはすぐ送られてくるとは限らない。
売ってるところから手動でメールをいちいち送ってくるので、それを待たねばならない。
(自動のところもあるのかも?)

なので、夜にコード購入したら、次の日になると思った方が良いかと思う。

週末にやったら、、、わかりますね。
年末にやったら、GWにやったら、、、わかりますね。

なので、プリンタの廃インクパッドだけとっかえておいて、プリントリセットはコードが届くまでお待ちどうぞ。

どうしてもプリントアウトしたいというのなら、コンビニどうぞ。

んで、コードがメールとかで届いたら、「WIC Riset Utility」のコードの入力欄に入力してね。

「WIC Riset Utility」の使い方は雰囲気でわかるはず。
英語が嫌いとか言わない。

ジョブ詰まり

リセットしても、ジョブまではリセットされないの。

なので、吸収パッドパンパン直前に、印刷されなーいとか言って、連続印刷攻撃を仕掛けていたら、プリンタのジョブが詰まってる可能性もある。

そのため、リセットした復帰後に印刷されないときは、「システム環境設定」→「プリンタとスキャナ」と進んで、使うプリンタの「プリントキューを開く」で確認してね。

ジョブが詰まってたら、ジョブ全部消してから再開してね。
(いつまで経ってもジョブが開放されなかった)

おむすび

結局修理費って高すぎなのよね。

どうせここまで使ったのなら、老い先短いと考えるほうが懸命ではないの?

なので、お金出して交換とかするぐらいなら、買い替えたほうがお得だと思うの。

こうやって資源を無駄に使っていくのね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。