Googleスプレッドシートの連続データ(オートフィル)が連続できない謎に迫る!

この記事は1分で読めます

よーし番号振っちゃうぞーって感じで、セルに「1」を入力。
あとはざーっと引っ張っていけば、よっしゃ18254までだって楽ちんチン

とか思ったら、全部1だったというのは、誰にでも刻まれている辛い記憶。

こんな哀しい過去、そして未来、そして今、を乗り越えるためにも、連続データ(オートフィル)について知っておくべきではないですか!みなさん!というおはなしです。

どういうことかというと

例えば一つのセルに「1」を入力して、

右下のちっさい四角にマウスカーソルを合わせて、マウスカーソルを十字の形にする

そして、上下左右お好きな方向にドラッグします。

すると、連続した数値が入力されると思って、最上の喜びを感じるはずだったのに、同一の値が入力されてしまって哀しいねっておはなしなのです。

エクセル回顧

オートフィルといえば、エクセル先輩を思い出すことでしょう。

エクセルだと、ドラッグしたのちに、同一にするか連続にするか選択できるのであります。

さすがエクセル先輩は優しい。
イルカ先輩も優しかったしね。

うざかっただけで。

覚えつつ対処

んで、スプレッドシートはそんな優しさはないと思うので、対処しましょ。

覚えておきたいのは、セルの「表示形式の詳細設定」で選択した項目によって、ドラッグしたときにデータが連続するかしないかが決められていること。

一例をどうぞ。

こんな感じになっております。

ちなみに「表示形式の詳細設定」はここから選択ね。

なので、なんかデータが連続で入力されないからといって、大グーグル帝国を批判する前に、大グーグル世界政府が与え給うたこのスプレッドシートは、大グーグル宇宙統一共和国のご意思を理解することで解決するということを理解しましょう。

おむすび

この中途半端さがスプレッドシートだと思う。
もっと良くなることを願いつつ。

もっと簡単にできるのかしら?
できたら良いね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。