iPhoneやiPadの英文キーボードでピリオドをさっくり入力する方法

この記事は2分で読めます

ふと友人がiPhoneで英文打ってるのを横からみていたら、ピリオドをいちいちキーボードを切り替えて打つという離れ業を成し遂げていた。

こんな我が友のために、簡単にピリオドは出せるんだよーって記事を書いて教えてあげたくなってしまった。

つーことで、ピリオドは簡単に打てるんだよーっておはなしでございます。。

もちろん、記事を書いたことなど伝える気などございません。
友人なら、言わなくても見るものです。

キーボードのおさらい

ピリオドのキーは切り替えないと出てこない。

こちら英字

左下の「123」をタップすると

こちら数字系

と切り替わるわけですな。

でも、一文打ち終わったら、いちいちピリオドを打つために、キーボードを切り替える。
なんてやってらんないよね。

やってられないよね?

解決への道

いきなりの解決策をどうぞ

スペースキー連続タップで入力される

「たんたん!」って感じの連続ね。

すると、
ピリオドが入力されて、一文字スペースの空きができて、スムーズに文字が入力されるのでありますぞ。

なお、

文字がなければ、スペースキー連続タップでピリオドは入力されない仕様

ということを覚えておきましょう。

そのため、文頭にも入力できないですぞ。

なお2、
ピリオドを消してすぐピリオドを入力しようとしても、それはただのスペース連続入力と相成ります。

なお3、
Smart Keyboardでもスペース2回を押すと、ピリオドが入力されますぞ。
ピリオドキーあるんだから、そっち押せって話だけど、スペースの方が押しやすかったりするので、ちょっとおすすめ。

連続タップで入力できない場合は、設定を見直せ!

デフォはできるものと信じているけど、できない人もいるのかもしれないので、そんな場合は、

設定


一般


キーボード

と進み、「ピリオドの簡易入力」をオンにしてね!

おむすび

わざわざキーボードを切り替えなくてもピリオドが打てるので、これで快適な暮らしが待っているってもんであります。

英文打つなら必須でございますぞ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。