MacBookの電源供給に使えるBatteryBoxはよさ気じゃね?

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

batterybox-pics2

BatteryBoxなるものが
2014年秋ぐらいに発売されるとか。

MacBookの電源としても使えるモバイルバッテリーだそうです。
(12000mAh)

 
それがこの動画。

 
MacBookAirが12時間使えるようになったとは言っても、
動画を見続けていると数時間でさようなら。

「来週もまた見て下さいね!」的な。

それに、
動画じゃなくても、ハイパワーな処理を続けたなら、
即効でバッテリーがなくなっていくので、
やっぱりACアダプタが必須。

 
でもこのバッテリーが使えるなら、
ハイパワーな処理も長時間可能なんじゃないかと。

ちなみに、
MacBookAirなら12時間、
MacBookProなら6時間使えるとのこと。

動画を見たりすると短くなるんだろうけど、
内蔵バッテリーと合わせると、
MacBookAirなら結構な時間は使えそう。

 
つまり、
ネットだけ見てる程度の使用に関しては問題なくなりますな。

ネットだけとかなら、内蔵バッテリーだけでも問題なさそうですが。。。

 
さらなる
このBatteryBoxの特徴を探っていくと、
5年たっても劣化しないとか、嘘のような話が。

ご冗談をと思えども、
なんかBatteryOSなるものが入っていて、
経年劣化が最小限に抑えられる仕様になっているとか。

 
また、エネルギー消費量を効率的に管理するので、
他の同等のバッテリーよりも長時間使えるのというのも特徴の一つ。

 
さらに
MacBookにも充電ではなく給電という形になるので、
内蔵バッテリーの劣化につながらないのもいいね!

 
サイズもクレジットカードサイズだし、
重量も250g程度と軽量。

 
うん、欲しいねこれ。
 

公式サイトは以下よりどうぞ。
http://getbatterybox.com/

予約は受付中っぽいっす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク