アメリカドラマはムカムカが止まらない

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

みんな大好きアメ公ドラマ。

 
24ぐらいから火がついたような気がするけど、
個人的にはフルハウスぐらいから火がついてます。

 
さてさて、
あっしが最近見ているのは、
「ウォーキング・デッド」と「アンダー・ザ・ドーム」

 
ウォーキングデッドは、ゾンビドラマなのかと思ってたら、
ドロドロヒューマンドラマだったり、
アンダー・ザ・ドームは、閉じ込め発狂系ドラマなのかと思ってたら、
ドロドロヒューマンドラマだったり。

 
この二つに共通するのが、
そのヒューマンドラマが、見ててムカムカするってこと。

 
読み手をムカムカさせる代表のスティーブン・キングさんは昔からだけど、
他のドラマも、視聴者をムカムカさせすぎなんじゃなかろうか?

これは、
見ている人に悪役をより悪役として認識させて、
それがやられることで、気分爽快になってもらおうというところなのかな。

 
悪役系の人は、そういう意味では、
悪党なんだなってわかりやすい感じがする。

 
でも、やられるまでが非常に長いので、
それまでずっとムカムカしながら見なきゃいけないのが辛いよね。。。

 
悪役系は、まぁ死んで納得と言えるかもしれないけど、
主人公系にもムカムカさせられるのが、また辛い。。。

 
主人公系の人たちは、
「なんでそうなるの!?」
的な思考になるので、それでムカムカ〜っとくるのよね。

 
で、
主人公系のムカムカは、解消されることがあんまりないので、
見てる方のムカムカも解消されないというね。。。

 
そして、ラストシーズンまで、
ムカムカ、イライラ、ムカムカ、イライラ

でも、
ワンシーズン通しで見ちゃうと、
もう止まれないから辛い。

 
さらに、
内容を結構忘れちゃっているので、
次シーズンを見る前に、前シーズンをおさらいしておかないといけないから、
それを見て、思い出しムカムカ。

 
そして新シーズンを見て、新規ムカムカ。

 
こんなのずっと見てたら、
こっちの精神が病むっての。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク