MacBookAirをアップルケアに修理に出してみた

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

どうにもバッテリーがおかしい。

 
と、もうどうにもならなくなったので、アップルケアの期限も切れそうなので電話してみた。

 
【症状】

電源オン・スリープ復帰時、バッテリー「0」状態になる。
(電源OFF・スリープ時にバッテリーがきっちり充電されていたとしても)

 
そんな話をしていたら、最終的に「お預かりしま〜す」ってことで、お預かりされたのである。

スポンサードリンク

問題点1

こちらからの発送時は、ヤマト運輸で、専用箱に入れて輸送してくれる。

 
で、問題点は、専用箱に入れるのが、怖い。

前に、iMacを発送するときは、いまいちよくわかんないと言って、そのまま持ってった事実。

今回は、こっちで入れておくからーと、そのままMacBookAirを持ってった。

 
まぁ、問題発生しなければ、こっちはいいんだけど、自分のMacBookAirが、小脇に抱えられていく姿は、ちょっと怖い・・・。

 
ここで落とされたりしても、あっしのせいになったりしないよね。

 

問題点2

で、さくさくっと届いて、さくさくっと帰ってきたんだけれども、内容を見てみると、サポートで伝えた内容が全然通ってないという現実。

 
なんちゅーか、そういう方向では言ったけど、そうは言ってないという感じ。

 
Apple側が検査した内容
「バッテリーの残りが30%以下の状態でスリープにすると、バッテリー切れの状態になって起動しない」

 
それはあくまでも「例」であって、残りが80%だろうとなんだろうと、ということは付け加えていたのになぁ。

 

で、現在

そっちで問題ないってんだったら、「うちの環境がおかしいってのかい!」ってなもんですわ。

 
よーし、どうせまた同じ状況になるのは目に見えているんだから、さっそく起動したるわぃ!

普通に起動。

 
いやいや、どうせスリープしたら死ぬんでしょ?

普通に復帰。

 
いやいやいや、たまたまでしょ、たまたま。

なんどやっても好調。

 
 
なにこれ?

 

で、何が問題だったのか?

何が変わったのか考えてみると、、、

 
1 お帰りになったMacBookAirはきちんと、OSのクリーンインストールをされて帰ってきた。
2 タイムマシンで戻すのめんどくさいので、そのまま使っている。

 
ということは、
システムのバッテリー関係のファイルが壊れてて、OSをアップデートしても直らなかったんじゃなかろうか。

 
うーん、一番やりたくなかったOSのクリーンインストールが、一番効果があった、ということなのか。

 
 
やっぱり、やることをやってみるのが一番いいのかもね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク