Macとポケットワイファイが繋がらないときの対処法

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

MacとPocket WiFi(Ymobile・Huawei製)の相性が悪いのか、機器の認識はするけど、ネットに接続ができないことが結構ある。

「二度とYmobileやHuaweiなんて使うもんか!」と心に決めたところで、3年契約という呪縛からは逃れられない現実。

そんな傷ついた心を癒やすためにも、対処方法を書いていきます。

スポンサーリンク

前提

この世の中、Macは複数台持ちが普通だし、スマホにタブレットなどなどもあるので、Wi-Fiルーターに接続して、ネットが使えるのかどうかを確認しましょ。

スマホとかは普通に使えるのに、Macだけがなぜか接続できなかったら次へすすみましょう。

何度か選び直してみる

繋ぎたいけど繋がらない接続先を何度か選択してみる。

診断ツールをせがまれるけど、無視しながら、何度か選択してみる。
すると接続に成功することがある。

接続してくれなかったら次へ。

診断ツールを起動

接続できなかった場合、診断ツールを起動しようとするので、起動してあげましょう。
項目を進んでいくと、途中でネットワークに接続しようと頑張ってくれる。

そこで接続されることもある。

接続してくれなかったら次へ。

再起動

定番。

Macを再起動して、再起動後接続してくれるかどうか様子をみる。

ついでに、ポケットワイファイも再起動してみましょう。

でも、意外と変化がないこと山の如し。

接続できなかったら、次へ。

Wi-Fiの情報を削除

「システム環境設定」 → 「ネットワーク」 → 「Wi-Fi」を選択 → 右下の「詳細」 と進む。
「使ったことのあるネットワーク」からいらないネットワーク名を消しつつ「接続したいPocket WiFi」の情報も削除したのち、「OK」をクリック。
削除方法は、ネットワークを選択して「-」ボタンをクリック。

その後、再度接続先のPocket WiFiのIDを選び直し、パスワード入れる。

接続されなかったら、次へ。

MacとPocket WiFiとケーブルで接続

最終手段はPocket WiFiとMacをUSBでつないでみましょう。

すると、勝手に接続モードに入ります。
すると、なぜか接続される謎。

ケーブルがない場合は、コンビニ走りましょ。

ここまでで接続されなかったら、もう知らん・・・。

おむすび

どの工程でも接続されたことがあるので、やってみる価値はあるかと思う。

何度やっても接続できなかったのに、一発でつながるのは、USBでMacと接続する方法。

こういう場合があるから、アダプタとか持ち歩くのめんどくさいし、MacBookProはサンダーボルトを外部モニタ用として2基、USB3.0を2基にしてほしかったなぁ。

しかし、Ymobileを継続して使いたい!という積極的理由が見つけられないのが、逆にすごい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク