ソニーのネックスピーカーSRS-WS1を買ってみたので仕様なんかを知らせたい!

この記事は2分で読めます

欲しくて欲しくてたまらなくなってしまったネックスピーカー。

店頭で音を聞いて悩み、店員さんに聞いてみては悩み、とりあえず20分後に購入。

ありがとうございます。

久々のソニータイマー商品を買ったので、前もって知っておきたい仕様なんかを書いておきます。

SRS-WS1であらかじめ知っておきたい仕様

Bluetooth接続じゃない

接続は、Bluetoothではなく、「専用の送信機」とスピーカーをつなぐ形。

送信機は「デジタル(光)」か「アナログ(ステレオミニプラグ)」でテレビなどと接続。

デジタルとアナログのどっちもつないでいる場合は、デジタル優先。
デジタルの先っちょから赤い光が出ていたら、アナログはシャットアウトされますぞ。

音をまとめるなら別途なにか手段を

なので、これ一つでいろんなところから出てくる音を聞くことは難しい。

いろいろなところから出る音を一緒くたにしたいなら、ミキサーなり、オーディオインターフェイスなりを通せばまぁまとめることは可能よね。

BEHRINGERのミキサーとか安いし、通してみれば良し。

で、やった結果としては、もう何がなにやら状態になるので、メインというか、一番聞きたい音をネックスピーカーから出すのがよいかもね。

うっさい

肩首にかけて使うっていう形なだけで、モノ自体は普通のスピーカーと何ら変わらないわけなので、首から外してどっかに置いて聞くと、普通のスピーカーとして使うことも可能。

つまりは、音量を上げれば、それだけ普通にうっさいのよね。
でも、ある程度の音量じゃないと、なんかいまいちなのも現実。

深夜の3時に調子に乗って音量上げてると、マンション・アパートなどの集合住宅だと壁ドン来ますぞ。

振動が結構邪魔

振動は強中弱の3段階に設定できるんだけど、
振動が弱い → 音スカスカ
振動が強い → 音太め
というような感じに音も変わっちゃう。

振動弱めの場合は、EQで低音上げても抑えられちゃいます。

そして、振動を切ることはできない仕様なので、低音利かせようとか思うと、振動がかなりうざい。

振動強にして、EQで低音をブーストすると、振動すごくて嫌になる。
鎖骨が疲労骨折しそうだわ。

電源が二つ必要

充電は充電器に置いて充電する。これで電源一つ占領。
送信機にだって電気は必要なので、これで電源二つ占領。

電源タップの空きに余裕のあるご家庭でどうぞ。

装着感

装着すると鎖骨に当たるので、ちょっと気になる。

30分ぐらい装着し続けてないと気になる。

寝て装着感がリセットされると、起きて装着するとやっぱり気になる。

30分ぐらいの苦痛時間を乗り越えればまぁ。。。

おむすび

振動「強」にして、そこそこに音量上げて、さらにEQで低音がっつり上げた状態で、スピーカー部が耳の横にくるようにネックスピーカーをヘッドホンのように頭に挟んで音楽を聞くと、、、

音と振動で脳がしびれるぜ。

カーペンターズでもしびれるぜ。

おすすめはしない。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。