YouTubeのショートカットキーを覚えてマウスとおさらばだ!

この記事は1分で読めます

エクセルで、美麗なグラフを作っては削除を繰り返したりして、仕事をしている「風」を見せたいときは、同時にYoutubeで動画を見ているものなのです。

エクセルを使うとなれば、キーボードのみでがんがん操作したいってものだったり。
だったら、Youtubeもキーボードのみでがんがん操作したいってものだよね。

ということで、YouTubeのショートカットを覚えて、キーボードのみ生活のより高みを目指しましょうっておはなしです。

ショートカット内容

Youtubeで設定されているショートカットはこちら

キーショートカット内容
f全画面表示 切り替え
j k lj: 戻る(10秒)、k: 停止、l: 進む(10秒)
←→←: 戻る(5秒)、→: 進む(5秒)
space動画の再生停止 切り替え
m音のミュート切り替え
/検索欄にフォーカス(カーソル出現)※テンキー不可
iメニュー表示切り替え
※再生中の動画はミニウィンドウ化
tシアターモード切り替え
esc検索欄のフォーカスを外す
数字1-9動画の長さを10で割ったそれぞれの分数へジャンプ
例えば
100分の動画だったら、「1」を押すと10分のところにジャンプ
テンキーでも可

いるんだか、いらないんだか。
よくわからないショートカットな気がしないでもない。

特徴

基本、Youtubeの動画が一番前のウィンドウに来ていることは少ないと思うので、、、

まずは、アプリケーションやウィンドウの切り替えをして、Youtubeのウィンドウに切り替えて、そこからショートカットを使ってさっくりとキーボードのみで操作をするという感じ。

「戻る」や「進む」あたりはそこそこに使えますな。
「J」や「L」と「矢印左右キー」で秒数が違うのがなかなか興味深い。

入力欄フォーカスのショートカット「/」も、いちいちマウスを手にしなくて済むので、おすすめですぞ。

おむすび

生きていく上で全く必須じゃないこのショートカット。

キーを忘れてしまうと、結局マウスに手が行ったりするんだけれども、少し使い続けて体になれさせれば、覚えるんじゃないかしら。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。