iPhoneで手ぶらでスクリーンショットを取る方法〜音声コントロール

この記事は2分で読めます

スクリーンショットを取りたいのに、両手がふさがっていて撮影できない!
なんてことはよくあるはなし。

右ににゃんこ、左にわんこを抱きかかえていたら、もうiPhoneなんて操作できないし、スクリーンショットを撮影することなんて無理なおはなし。

なので、両手にそれぞれ鈍器のようなものを持っていたとしても、その状態のままでiPhoneでスクリーンショットをとってみましょうっておはなし。

両手がふさがっていても、猿のように足を使えば撮影できますけど。

普通にできますけど。

そういう機能をオンにする

そういう機能があるので、その機能をオンにしましょう。

設定アプリを開いて、、、

「アクセシビリティ」→「音声コントロール」とすすみ

「音声コントロール」をオンにしましょう。
時間の右に青丸マイクアイコンが表示されたら準備完了。

グーグルマップの色と混同しちゃいます。

iPhoneにお願いしてみる

スクリーンショットを取りたいのだから、スクリーンショットを撮影してってiPhoneに懇願しましょう。

「Take Screenshot」

なぜ英語なのか。

現在のところ、お願いは英語しか受け付けてもらえてないようなので、流暢な英語ではなさねばならないのです。

「てぃく すぅくりぃーんしょっとっ!」
的な流暢な英語でお願いしてみましょう。


こんな表示がでて、いつものとおりにスクリーンショットが撮影されます。

これで、自分の英語の発音がネイティブ的だったんだ!と自信が持てますね(^^)

でも、「テイクスクリーンショット」みたいなカタカナ英語でも普通に撮影されるので、先程の自信は喪失することになります。

ちなみに、ロック画面でもスクリーンショット撮影可能。
スリープ中は不可能ですぞ。

スクリーンショットをとってくれなくなったら?

さっきまでコントロールできていたのに、いきなりコントロールできなくなることもあったり。

時刻のマイクが消えていたりすることもあるので、そんなときは、音声コントロールをオフにして、再度オンにすると、復活してくれるかと。

おむすび

Siriさんはスクリーンショットを撮影してくれないし、そもそも認識もしてくれないし。

スクリーンショットさくっと撮影できるこの音声コントロールはほんといいですわ。重宝しますわ。

もちろん、通常の方法でもスクリーンショットは撮影できますぞ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。