iPhoneで外付けキーボード入力しようとすると結構大変!

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

029596

 
心が揺らぎます。

iPhoneのみで仕事ができると豪語した矢先、
それでやっていくとなると、

そろそろ限界。

フリック入力で手首痛いわ〜。



 
キーボードとは違い指をふりふり動かす際に、
ちょっとした手首の動きもあるので、

腱鞘炎持ちには辛い

マジ辛い。

 
がんばって1000文字入れてみたら、
なんか痛いし、すげーだるい。

手首への負担が半端ないので、
iPhoneだとしても
外付けブルートゥースキーボードが必要かなって。

 
しかし、
iPhoneでキーボード入力するにしても、
いい感じのケースじゃないと

iPhoneが斜めの角度に置けないので

斜めに置くためのちょっとした工夫が必要になります。

 
1 おしぼりの上に置く。

うん、濡れていやな感じ。
おしぼりがアツくなることも。
なんとなく危険な感じがするので却下。

 
2 壁に立てかける。

iPhoneを置くために作ったような
「斜めに段差がある壁」
がある店に行きましょう。

近場ではドトールが
いい感じのiPhone立てかけ壁だった

 
3 ファミレスの箸箱とかに立てかける

滑って滑ってハンパねぇ!

 
 
ってことで、
iPhoneだけで仕事をするのはちょっとアレかな
とちょっと思い始めてきてます。

どんどん信念が揺らいできます。

 
軽さを取るか、快適さを取るか
これは永遠の課題ではあるけれども、
まだまだ考える余地はありそうですな。

 
この試行錯誤を続けていくのも楽しいわけですがw

新しいかばんを買ったので、
iPadやMacBookAir復活もあるかもしれない。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク