【エクセル効率化】挿入が使いやすくなったので、やり方などを伝えたい!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

エクセルでセルや行や列を挿入する!
意外と簡単にできるのは、諸兄姉にとっては当然のことかと思います。

しかし、さらに進化したセルや行・列の「挿入」をオススメしたいんです!
(いつ進化したのかは知りませんが・・・)

ということで、行・列の「挿入」の方法などを書いていきます!

スポンサーリンク

単純な「挿入」の仕方

単純な「挿入」の仕方はこちら

【Win】
[ホーム]タブ → [挿入] → セル、行、列
または、
[右クリック] → [挿入]
または、
[Control] + [+]
(テンキーじゃない場合は、Shiftキーも同時に必要)

【Mac】
メニューバーの[挿入] → セル、行、列
または、
[右クリック] → [挿入]
または、
[command] + [shift] + [+]
(Macだとテンキーは反応しない?)

単純に行や列を挿入するのは、非常に簡単なのだけれども一つお約束事があります。

それは、

選択したセルや行・列の位置に挿入され、選択したセルや行・列以降のセルや行・列は一つずつ後ろに追いやられる。

ということです。

分かりづらいので、「列の挿入」を例にして、もう少し具体的に言うと、、、

F列を選択して、列の挿入をすると、F列に新たな列が挿入され、以前のF列以降の列は、一つ繰り下がる(以前のF列→G列になる)挿入すると

ということです。

ちなみに、セルの挿入の場合は、他セルの移動先を右下行列のどれかを選択できます。
セル挿入移動先

コピーしたセルの挿入

「挿入」のもう一つのパターンは、「コピーしたセルの挿入」。

この「挿入」方法は、セルや行・列をコピーし、そのセルや行・列をそのまま挿入することができるという機能。

具体的に言えば、

「挿入」は、空のセル、行・列が挿入される
「コピーしたセルの挿入」は、コピーした内容のセル、行・列が挿入される

ということです。

同じセルや数式、行・列を挿入したいときに大きな効果を発揮します。

「コピーしたセルの挿入」の仕方はこちら

【Win】
セルや行・列をコピーしてから、
[ホーム]タブ → [挿入] → [コピーしたセルの挿入]
または、
[右クリック] → [コピーしたセルの挿入]
または、
[Control] + [+]
(テンキーじゃない場合は、Shiftキーも同時に必要)

【Mac】
セルや行・列をコピーしてから、
メニューバーの[挿入] → [コピーしたセルの挿入]
または、
[右クリック] → [コピーしたセルの挿入]
または、
セルや行・列をコピーしてから、[command] + [shift] + [+]

こちらも通常の「挿入」と同様のお約束事として、

選択したセルや行・列の位置にコピーしたセルや行・列が挿入され、選択したセルや行・列以降が一つずつ後ろに追いやられる。

そして、セルの挿入の場合は、他セルの移動先を右下行列のどれかを選択できます。

まじで使えるようになった

ちなみに、「単純」な挿入なら[ショートカット]から、「コピーしたセルの挿入」なら[右クリック]からやるのがオススメ。

「セルをコピーしている最中にマウスを動かして、そのまま右クリック!」というのが速いと思う。

以前は「コピーしたセルの挿入」は一度挿入すると、再度コピーし直さなければならなかったものだったのが、今は、何度でも挿入することが可能になった。

このお陰でかなり楽になりました。
もちろん普通の「挿入」も同時に使えるので、問題なし。

やはりMicrosoftさんは、良い仕事しますわ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク