Windowsのカタカナ変換のショーットカットと言えば・・・?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

ふと聞かれたお話で、「カタカナ変換ができないよー」というご質問。

スペース押してりゃそのうちで出てくんでしょ?
とか思ったけど、そういうお話では無く、ショートカットキーが利かないってなお話でござんした。

といういことで、Windowsのカタカナ変換のショートカットについて、書いていきます。

スポンサードリンク

Windowsのカタカナ変換のショートカットの代表格

Windowsにおけるカタカナ変換のショートカットとして代表的なのは、

[F7]キー

なのかな。

PC苦手という人でも意外と使ってたりするので、思っているよりも世間に知られているショートカットなのかなと思う。

F7キーでのカタカナ変換の問題点

F7キーでのカタカナ変換はたまに問題が起こったりして、特にノートPCなのだけれども、初期設定なのか、なんかのはずみで設定しちゃったのか、そこはわからないけれど、F7キーが音量や画面の明暗などの修飾キーになっちゃってることが、まれによくある。

そうなると、F7をいくら押したところで、カタカナ変換されなくて悲しくなることも。

てか、なんでみんなカタカナ変換で「F7」キーを使うんだろ?

そんなそんなカタカナ変換なんてしないと思うので、F7キーを押すためには、目をキーボードに向けないと押せないのではないかな。

ということは、F7キーを探し当てなければならないので、効率的な入力の妨げになっちゃうと思うのよね。

お勧めするショートカットキー

で、なぜかWindowsにはもう一つカタカナ変換のショートカットが用意されているのであります。

そのショートカットとは、、、

[Ctrl]+[I]

「I」は「アイ」ね。
「1(いち)」じゃないからね。

こっちだと、環境に左右されることがないので、あっしがカタカナ変換について聞かれたときはお勧めしています。

おむすび

ショートカットが2つあるとか、混乱の元よね。

というか、F2は良く使うけど、間違ってF1押してヘルプ表示とかイライラが止まらない。

ファンクションキーはネトゲのためにある。
間違いない。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク