PC・Macでアルテ日本語入力キーボード(onMozc)を使いましょ!

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

結局、初期の名称である「onMozc」ってなんだったんだろうという疑問は残るものの、アルテ日本語入力キーボードの使い勝手は嫌いじゃない。

もちろん、未だにご入力だらけで使いこなせている感は一切ないものの、この感覚が嫌いじゃないからこそ、使う。
金を払ったんだから使い倒すではないのです。

せっかくだからPCやMacでの使いみちを探ってみましょう。

スポンサーリンク

どうやってアルテonMozcを使うか

PC・Mac用IMEにアルテ日本語入力キーボードはない。

んじゃ、どうやってPCやMacで有るて日本語入力キーボードを使うのかというと、スマホをマウス化するアプリを使って、アプリ中のキーボードをアルテ日本語入力キーボードにして使うという感じ。

今回のアプリはRemoto Mouseを利用してみましたぞ。

このキーボードで入力すれば、アルテ日本語入力キーボードでPCやMacに文字打てちゃうっておはなし。

使い心地

アルテ日本語入力キーボードが使えるってことはわかった。
では、これをどうやって使うのか。

1 スマホスタンドに、置いて使ってみる 

解 使いづらい。
スマホスタンドって、スマホを弄るためにスマホを立てるもんじゃないよね。

机に直に置いて使ってみる。

解 より使いづらい。
スマホは机に置いて使うもんじゃないよね。

結局、手に持って使うのが一番使いやすいというね。

そうやって使うことを前提で作られているんだから、そりゃそうだわな。

で、椅子の背によっかかったり、寝っ転がりながら文字を打つことはできるので、そうやって文章を作るのであれば、良いかと。

でも、だったら、ドキュメントやワードのアプリを使って書けばいいんじゃね?と思う…

思ったら負けなのだが。

おむすび

やる必要があるのかどうかといえば、必要ないかと思う。
スマホでの文字入力は、スマホだからこそ栄えるというところだよね。

しかし、アルテ日本語入力キーボードには無限の可能性があるということをお伝えしたいのです。

やること、やってみることに意義があるのであります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク