楽天ペイ、楽天Edy、楽天カード、楽天キャッシュの違いを知りたかった

この記事は1分で読めます

楽天の支払・決済関係のサービスが幅広くなってきて、何が違うのかよくわからなくなってきた。

楽天はポイントも美味しいし、ちゃんと理解して使いたいってもの。

ってことで、それぞれの役割を考えながら、使いみちを考えてみようっておはなしです。

楽天カード

楽天カード・・・「クレジットカード」
クレジットカードとして使う。

クレジットカードゆえ、クレジットカード対応店なら、使えますぞ。

そういう意味では一番広く使えますな。

ブランドは、AMEX、MASTERCARD、VISA、JCBの4つ。
AMEXは使えたり使えなかったり。

単純なカード使用で、ポイント1%付帯。
楽天で買い物すれば、3%以上なので、楽天での買物大好きなら、絶対作るべし、使うべし。

楽天Edy

楽天Edy・・・「電子マネー」
Edyにお金をチャージして使う。

対応店には読み取り用端末が置いてあって、カードやスマホなどを端末に近づけてピッとやれば、支払い完了。

現金、クレカ、ポイント、銀行口座からチャージ。
使っている端末・カードによってチャージ方法が変わる。

オートチャージ可能。

楽天ペイ

楽天ペイ・・・「QRコード・バーコード決済」
対応店に自分のコードを読み取らせて決済
対応店のコードを読み取って金額いれて決済

・登録しているクレジットカード
・楽天スーパーポイント
・楽天キャッシュ
を使って決済可能。

チャージするなら楽天キャッシュにどうぞ。

楽天キャッシュ

楽天キャッシュ・・・電子マネー
チャージして「楽天ペイ」で使う。
誰かに送金する

楽天キャッシュが一番よくわからない形態なんだけど、単純に「楽天ペイの決済で使えるお金」と考えるとわかりやすいかと思う。

おむすび

あっさりとまとめてみるとこんな感じ。

楽天スーパーポイントをためたいなら、この3つの決済手段を使いまくるのがよろし。

そもそも、楽天キャッシュに限らないけど「ペイ」系の送金機能ってどのぐらい使われているもんなのかしら。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。