auでSIMカードの再発行はできたけど所要時間ってどのぐらいかかる?

この記事は2分で読めます

うちiPhoneさんたまーにつながらなくなる。

以前この症状がでたときは、SIMカードを交換してもらい、以降好調だったのに、また再発。

なので、SIMカードスロットを取り出してー再度入れてーとやろうとしたら、取り出した瞬間、どこかに飛んでいくSIMカード。

実際のところ、飛んでいる途中までは目で追えたけれど、最終着地点はわからず。

30分ほど部屋にあるものたちをひっくり返してみたりして探してみたけれど、見つかんない…

ということで、auのsimカードを再発行しましょうっておはなしです。

即日再発行は可能?

とりあえず、auショップにいってお姉さんに伝えましょう。

「simカードなくしたー」

これでお姉さんはすべてを理解してくれて、アンケート用紙を手渡されます。
記入してのち、免許証を渡して待機。

呼ばれたら、すぐに再発行手続きスタート。

つまり、SIMカードは即日発行可能でございますぞ。

再発行の流れ

まずは手数料2,000円(+消費税)がかかることを告知からはじまる。

なんか入力してるのを見たのち、本人確認書類を見せられる。

そして待つ。

iPhoneを渡す。

そして待つ。

SIMカードを入れてくれたのち、通信確認。

iPadを見せられて、なんだかんだと注意事項にチェックをいれて、サインをしたら終了。

というような流れ。

あとは次月に手数料2,000円(プラス消費税)プラスされる切なさに耐えるのみ。

所要時間

全く混んでなかったので、順番待ちの時間は0。

データ照会、SIMの登録作業などがちょいと時間がかかる感じ。

一連の流れとして、全体で20分ぐらい見ておけばよろし。

順番待ちがあれば、その分増えるという感じではあるけれど、「無くしたーでもauが開いてるー」ってんだったら、すぐ再発行しに行けば、すぐ復帰できるという感じ。

おむすび

まぁそもそも無くすなっちゅー話なんだけれども、、、

いま座っている半径1m以内のどこかにはあることは確実なんだけれども、ぜんぜん見つからないものなのね。

がっかり。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。