iPhone、iPadの各アプリの通知を消しましょう

この記事は1分で読めます

通知がたまりすぎて大変なの!
的な話をお伺い〜。

そのたまりすぎているとかいうiPhoneをのぞくと、

Oh! 少しは見る努力をしろぃ!!

てか見ないなら通知いらんじゃろ。

ってことで、iPhoneとiPadのアプリの通知の消し方を書いときましょう。
基本のきの字だけど、書いとかないとね。

さっくり消します。

今回は、メールの通知を消しますぞ。
iPhoneもiPadも同じですぞ。

「設定」アプリを開いて、

「設定」画面になって、ずあーっと下に移動させたら、アプリ一覧が出てきますの。

その中から「メール」を探してタップ。
(実際は、通知を自体を消したいアプリをタップね)

Apple系は上の方にまとめられていて、その他はその下にまとまっておりますぞ。

んで、メールをタップしたら、画面が変わるので、「通知」をタップ

さらに画面が変わるので、「通知を許可」右の方ををタップして、オンからオフに。

さすれば、わたしきれい?状態。

ご注意点

通知が消えてアプリの数字が消えたからと言って、未読が既読になったわけではないので、ご注意を。

通知をオフからオンにすると、数字も戻るので、ご注意を。

おむすび

いらん通知は消してしまえっ。

アプリを最初に開いたときに通知を認めると、ずーっといらん通知が来たりするので、通知なんて読まないアプリはきっちり消しておくと、心が休まりますぞ。

心の安寧は大事。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。