Googleスプレッドシートで過去の為替レートを表示させましょ!

この記事は1分で読めます

前回は、スプレッドシートで関数を使って為替レートを表示させることに成功したわけであります。

でもまぁ、現在進行系のレートが知りたいというよりも、過去の一日のレートが知りたいということもよくあるはなし。

ということで、今回はスプレッドシートの過去の為替レートを表示させましょうっておはなしです。

基本形

まずは基本形。

ドル円
=GOOGLEFINANCE(“CURRENCY:USDJPY”)

説明はこちらからどうぞ。

これをいじって、過去の為替レートを表示させましょう。

過去の日付を指定して終値を表示

まずは「属性」を指定

“PRICE” or “CLOSE”

どっちも同じ結果になり、終値を表示しますぞ。

属性をしていしないと、うまく表示できないので、入力しておきましょう。

そして、日付はDATE(Y,M,D)で指定できるのであります。
YMDにそれぞれ年月日を指定しましょ。

2020年2月1日なら DATE(2020,2,1) と入力

上記二つをさきほどの例にと組み合わせて、2020年2月1日のドル円の為替レートを表示させるには、、、

こんな感じで入力しましょ。

ちなみに、関数入力セルの下・右・右下の3つのセルを使うことになるので、その3つのセルは空欄のままにしておかなければならないのでご注意を。

入力があるとエラーになりますぞ。

レートを参照したなら、関数を入力しているセルではなく、実際に数値が入力されているセルを参照すること。
(上記例だとC3セル)

おむすび

という感じで、かんたんに過去のレートも表示できるので、過去のレートを参照したいときとかはある程度使えるかと思いますぞ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。