寺が発展していく様を見てるともうありがたくもない。

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

035939

散策中、お寺お寺!

って思ったらビル

いやビルの中にお寺?

いやお寺がビルなのか。

 
ビルの中に寺があるってやるですね。

寺が発展した結果というのか、
近代的な建物と寺というミスマッチングによって
奇妙さを織り成してる感じがします。

 
すげー高いビルの寺とかみると、

金かかってんなぁ〜
税金とればいいのにね。
って思っちゃうね^^

 
やっぱり、寺ってのは、
おどろおどろしい外観でなければ、
ありがたみもくそも無いと思うのだがね。

もうそんなの無視するんだったら、
いっそのこと全部無視すればいいのにね。

 
毛を剃る、坊主をやめて長髪へ。
そんなんだと袈裟が似合わなくなるので、
袈裟もやめちゃいましょう。

ついでに、
寺なんていう縛られた空間すらいらないんじゃなかろうか。

わざわざあんなところで
なんだかんだする必要があるのかどうか。

非効率だし、寒いし、座布団ぺったんこだし。

 
ついでにお経もやめちゃえば
時間の拘束がなくなるんでさらなる効率化が図れる!

 
さておき、
最近の坊主を見ていると、
さくっとお経あげたら終了的な感じがありますな。

はい、おしま〜い的な。

これだと人に対してもありがたみがなくなるんじゃなかろうか?

 
ということは
もう人にも建物にもありがたみがないってわけですな。

 
あれ、寺も坊主もいらないんじゃね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク