パワプロの栄冠ナインを快適にプレイするために〜片手コントローラーを求めて

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

パワプロ2018の発売日が4月26日となりましたね。

個人的には、ペナントとマイライフを強化してほしいんだけど、どうなるのかな。
この二つの情報は後回しになりがちだしね・・・。

 
悲しい。

 
ということはさておき、おそらく栄冠ナインはあると思われる。
(流石に消さないと思うけど・・・)

で、栄冠ナインは布団で寝ながら、ぼーっとやっていきたい。

 
しかし、入力しかしないんだから、PS4のコントローラーとかわざわざ使うのもめんどくさい。
そもそも片手でいいじゃない?

そんなあなたに(自分に)ぴったりのコントローラーはないものか?

スポンサードリンク

片手プレイの何がよいのか

 
片手プレイは、単純に右手がフリーになるということだけではないのです。
(基本は左手にコントローラーを握るものと考えて)

 
横になりながらのゲームプレイ、いわゆる「ライイングプレイ」は、非常に体勢が楽である反面、

横向きに寝る場合は、敷布団側の腕は疲れないけれども、反対の腕はフリーな位置にあるため、片腕を支えるために人知れず疲れてしまう

仰向けに寝る場合は、お腹の上ぐらいでコントローラーを操作するので、腕が宙に浮くため、両腕を支えるために人知れず疲れてしまう

うつ伏せに寝る場合は、胸の辺りでコントローラーを操作をするので、上半身を支えるために人知れず疲れてしまう

こういった欠点があります。

 
つまり、横になっているのに疲れるという矛盾が生じてしまうのであります。

だったら、座ってやったほうが良いとおもわれるかもしれなけれども、10時間とか18時間とか座りっぱなしだと、腰や背中にきます。

 
確実に来ます。来るんです!
てか、来てるんです!

 
それが片手プレイだと、敷布団側の手で操作をし、反対の手は体の上に置いておけるので、疲れ知らずに。
そんな悩みが解消されるってんだから、片手プレイを望んでしまうのは、人として必然なのです。 

 

片手コントローラーの思い出

 
片手コントローラーとして思い出すのは、PSのダービースタリオンが全盛だった頃に、出会えたのがアスキーグリップ。

PS時代のお品ですが、「ダビスタ」のライイングプレイが捗りまくる一品です。

こうなると、食事とトイレのときだけ布団から出るだけの生活ができてしまいます。
もう夢の国なランドも真っ青になるほど、夢のような生活ができてしまうんですよ。

 

現在の片手コントローラー事情

 
そんな夢の国にいくための片手コントローラーの現状は、正直イマイチ。
FPSのためのコントローラーだったり、ボタンが足りなかったり、うーん、栄冠ナインをやるにはちょっと足りない。

 
「このままでは、布団の中で死ねない!」と思い考えてみることに。

 
アスキーグリップV2(PS2用コントローラー)を買って、

コンバーターを通してPS4に挿せば夢の国に行けるのではなかろうか!

コンバーターが6,500円と微妙に高いよー。

そして、アスキーグリップV2は、アマゾンでは売り切れだったので、ヤフオクを覗いてみると、、、

 

そんな金ないわ!

 

希望

今回、非常に残念ながら、夢の国の片道切符は手に入れることはできませんでした。

 
コナミさん。栄冠ナイン用片手コントローラーを作ってください。
5,000円ぐらいまでだったら、買いますので。

もちろん振動とか余計なものはいらないから!
(Bluetoothは搭載してほしいけど)

切に願います。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク