LINEパズル「タンタン」で詰まってしまう人はこの方法を試してみて!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

タンタンを始めたところ、友人が先に始めていた。

ものすごーく先に行ってた。

そんな友人だかなんだかわからない友人になど負けられん!
ということで、必死にやらざるを得ない中でのプレイ中に気づくべき点があり。

それを、人に伝えてみたら、「ほほぅ」という感じだったので、書いておきます。

よく詰まってしまうという諸兄姉はお読みください。

スポンサーリンク

詰まってしまうときの対処法

詰まってしまっときには、「どこかないかー」と探すしか方法はなく、最終的にはアイテムなどを使って組み合わせていく以外はない。
一応、色例えば「赤・緑・青」というような感じで区別してみると探しやすいかと思いますが。

でも、結局、一回詰まってしまうと、なかなか抜け出せないというのが悲しいところ。

「この状況をどうにかする方法はないだろうか?」
と考えてみたところ、詰まってからではなく、詰まる前にやっておくと、「詰まらない可能性」を上げることができるであろうという方法を考えてみました。

詰まる前にやっておきたいこと

その、詰まる前にやっておきたいことというのは、
画面上に表示される現在の残り組み合わせ可能数、「つまり「消せる」を確認」しておくこと。

具体的には、

消せる数を確認し、一つ組み合わせて消す
その結果・・・
1 組み合わせ可能数が減っていたら、組み合わせ可能ブロックに変化なし → 頑張って探す
2 組み合わせ可能数が変わらない、または、増えていたら、組み合わせ可能ブロックが増加 → 3へ進む
3 2の場合、2で消したブロックの場所に影響されたブロックがあるということなので、そのブロックの付近に消せるブロックができることが多い。

つまり、序盤は確認しながら消していき、消した結果、「消せる」数が減らなかった、または、増えた場合は、消したブロックの近くに消せるブロックがあることが多いため、次の組み合わせブロックが見つかりやすくなるということです。。

もちろんずーっと見ている必要はない。

なぜなら、序盤は、全体のブロック残数が多いのため、消したブロックが影響していたのであれば、必然的にその近くに消せるブロックがあることが多いということなるので、中盤〜後半にかけて、ブロックが散財してきてからは、「消せる」を確認しなくてもそれほど詰まらずに進めていけるはず。

いちいち確認すると視線を上下に動かすので、目が疲れることと、時間のロスともなってしまうので、うまいところまで確認するぐらいで良しでhそう。

以下、説明を動画にしてみました。

まとめ

事前の準備がモノを言うというのは、タンタンでも同じ!ってわけですな。

短期記憶が乏しいあっしにおって、「?」ばっかりステージは非常に難解。
でも、友には負けられないので、頑張って攻略していきましょー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク