間違ってブラウザのタブを閉じたら「閉じたタブを開く」のです!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

ブラウザでタブを開きまくったとき、あれ、どこがどれだったかしら、とマウスでクリックしたら、「☓」ボタンをおしてしまって、タブを閉じてしまう誤操作。。。

「う◯こかよ!」

と思わなくもないけれども、わたくしのような愚民のために、GoogleやApple、Microsoftなどの天上人たちは、ショートカットという手法によって、救いの手を差し伸べてくださっているのです。

スポンサーリンク

閉じたタブを再度開くショートカット

その救いの手は、Chromeであろうが、Safariであろうが、Edgeであろうが、統一されたショートカット。

それがこちら。

【閉じたタブを開く】
Win : [Ctrl] + [shift] + [T]
Mac : [command] + [shift] + [T]

直近に閉じたタブだけではなく、このショートカットを何度も入れていくと、過去に閉じたタブがどんどん再生してくれますぞ。

閉じたウィンドウを再度開くショートカット

こちらも「閉じたタブを開く」同じショートカットになります。

つまりはこちら。

【閉じたウィンドウを開く】
Win : [Ctrl] + [shift] + [T]
Mac : [command] + [shift] + [T]

操作自体に、なにも違いがございやせん。

では、「閉じたタブを開く」のと何が違うのか?というと、、、

一つまたは複数のタブを開いた状態で、ウィンドウを閉じてしまったときに、「閉じたタブを開く」ショートカットを入れると、違うウィンドウが開いていたとしても、別のウィンドウが開いてタブが復活する。

むすび

タブを閉じたのか、ウィンドウを閉じたのかはあんまり気にせず、間違って閉じてしまったんだったら、ショートカットでさくさく復活させましょう!ってことですわ。

Macだと普通にメニュー内にある項目なのよね。

でも、Win版はメニュー内にはないしね。

そのため、意外と知らない人が多いので、間違ってタブとかを閉じてしまったら、再度検索し直して該当ページを探すという、、、その姿を見ていると、涙が・・・。

実は、Winでもショートカットが表示されているんですけどね!

ブラウザの全部が全部で表示されるわけではないという、隠しショートカット的になってますが・・・。

とにもかくにも、これで誤操作しまくれますぞ!

てか、タブに「☓」ボタンなんてつけるから、タブの切り替えしてると誤操作しまくりだと思うのですが・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク