AdobeScanはOCRのためには使えるか?

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

Adobe様のOCRと言えば、AdobeScan!

もうAdobe信者の自分にとっては、後発となったAdobe様故に、最高のOCR系アプリであることは間違いないであろう!と信じる心以外にないのであります。

ということで、OCRを中心に考えたときにAdobeScanはどうなのかを書いていきます。

スポンサーリンク

使い方というか、こういうアプリというか

【OCRまでの流れ】
1 写真をとるか、写真で取った画像を開くかする
2 文書が認識されていれば、文書以外の部分は自動で切り取られる
3 それをPDFで保存すると自動的にOCRしてくれる
4 文書解析が終わると、PDF上の文字として認識されるので、選択・コピー可能

※写真を撮るときは、文書を自動認識させてから。

使い勝手

PDF上の文字として捉えるからこそ、OCR的には微妙となってしまう。

手書き文字は死亡説ではなかろうか。
あっしの字では、Keepとかでも死亡ですけど。

なんのためにOCRにするのかと考えたとき、

画像から文字を抜き取るという意味合いであれば、AdobeScanはいらないよね。
画像を残すという意味合いで、プラス文字情報もぐらいなら、AdobeScanでもいいかもしれない。

文字起こしをするアプリではないという認識が大事。
文字起こしを求めてAdobeScanを使う必要があるかは、PDFで保存できるというところぐらい?
PDFである必要もないような・・・。

つまりは、OCR「も」できるScan系アプリと考えると正解かなぁ。

おむすび

名詞とかならきれいに残せるし、名前で検索とかすれば良いんじゃないかな。
でも、AdobeScan上では、PDF内の文字列を検索できないのは、なんなの?

ファイル管理は、クソっぽいからダメなんじゃない。
PDFを簡単に管理・検索できるアプリを入れて、そこにAdobeScanから共有して管理とか?

オススメすることもなく、そっと消しました。。。
さようなら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク